サブスク型賃貸サービスとは?メリット・デメリットや人気のサービスをご紹介

サブスク賃貸サービスとは、近年不動産業界に登場した新しい住宅スタイルです。
定額料金で好きな場所で暮らし、自由に移動ができるサブスク賃貸サービスは、通常の賃貸物件にはない魅力が多くあります。
今記事では、サブスク賃貸の特徴やメリット・デメリット、物件の選び方などを詳しくまとめていきます。
サブスク賃貸やゲストハウスなどを利用して暮らすアドレスホッパーについてもご紹介していくので、自由度の高い生活がしたい方はぜひ参考にしてください。

新たなライフスタイル「アドレスホッパー」

サブスク型賃貸

アドレスホッパーとは、固定の家を持たずに様々な場所へ移動しながら暮らす人々や生活のことです。
ほとんどのアドレスホッパーは1ヶ所に留まることなく転々としていますが、実は定職について仕事をしています。
毎日出社の必要がなく、パソコンさえあればどこでも仕事ができるエンジニアやデザイナー、ライターなどの仕事に就いていることが多いです。
アドレスホッパーの暮らしは人によって異なりますが、1~3ヶ月のスパンで拠点を置きたいエリアを決めます。
そして、エリア内で約1週間から数ヶ月ごとに転々としながら生活しています。
では、そんなアドレスホッパーの暮らしやメリット・デメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。

宿泊場所・費用

アドレスホッパーが主に宿泊するのが、ホテルやゲストハウス、マンスリー契約物件などです。
ホテル暮らしの場合は設備が整った部屋で充実したサービスが受けられ、ゲストハウスでは様々な国・業種の人々との出会いがあります。
宿泊する施設によって費用は異なり、ホテルで暮らす場合にはもちろん金額は高くなります。
一方で、ゲストハウスやマンスリー契約物件であれば比較的コストが抑えられるので、節約しながら暮らしたい人におすすめです。

アドレスホッパーのメリット

アドレスホッパーのメリットは、自由なライフスタイルが送れることです。
家具や家電を持たず、面倒な契約にも縛られないため、好きな場所へ転々と移動しながら自由な暮らしができます。
また、固定の家を持たないアドレスホッパーは家賃や光熱費などの支払いがありません。
固定費は出費の大半を占めることが多いため、宿泊施設によっては毎月かかるコストを大きく抑えられることもあります。

アドレスホッパーのデメリット

自由度の高さが魅力のアドレスホッパーですが、常に宿泊する場所を探さなければいけないというデメリットもあります。
1週間から数ヶ月ごとに住む場所を変えるアドレスホッパーが多いですが、移動する前には次に泊まるエリアや施設を決める必要が出てきます。
ホテルやマンスリー契約物件が多い地域であれば問題ありませんが、訪れたいエリアによっては施設が見つからないこともあるでしょう。
また、移動が多いアドレスホッパーは体力面の問題も出てきます。
荷物を運びながら移動する必要があるほか、新しい環境にもストレスを感じずに適応していかなければなりません。
特に、複数人と同じ部屋で暮らすゲストハウスや施設で暮らす際、周囲からの騒音が気になって寝られない可能性があります。
快適さを求めるのなら個室や環境の整った部屋を選ぶのがおすすめです。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

サブスク型賃貸サービスとは?

サブスク型賃貸

サブスクの中でも有名な音楽や動画の配信サービスを、パソコンやスマートフォンで利用している方も多いでしょう。
メディアでもよく耳にするサブスクですが、そもそもどういう意味なのかをご存知でしょうか?
続いては、不動産業界にも広がりを見せるサブスクについてご紹介します。

そもそも「サブスク」って何?

サブスとはサブスクリプションの略で、一定の料金を支払って商品やサービスを利用するビジネスモデルを言います。
購入して「所有」するのとは異なり、一定期間のみ「利用」できるサービスとして様々な業種が提供しています。

利用が簡単、気軽に契約・解約ができるとして人気の高まりが見え、音楽や動画、雑誌、車などのあらゆる商品やサービスがサブスク化されています。

賃貸にもサブスクは存在する!

サブスク化は音楽や動画だけでなく、不動産業界にも広がっています。
不動産業界で新しく始まったサービスが、サブスク賃貸です。
毎月家賃を支払って一定期間のみ暮らせる賃貸物件は元からサブスクではないか?という認識をされる方もいますが、意味合いは少し異なります。
サブスク賃貸は一般的な物件を契約するよりも手続きが簡単なことに加え、初期費用が不要なケースが多いです。

入居時に敷金や礼金の初期費用がない他、契約を延長する際の更新料もかからないサブスク賃貸もあります。
また、家具・家電が完備されているため、わざわざ購入する手間や金銭的負担も少なく済むという魅力もあります。
さらに、サブスク賃貸は毎月一定料金を支払えばその物件に住み放題となり、ライフスタイルに合わせた自由な生活をすることも可能です。
一般的な賃貸物件に比べるとかかる費用が少なく、契約手続きが簡単なことからも自由度の高さが伺えます。
また、サブスク賃貸物件よっては個室か相部屋かを選べたり、カフェが併設していたりするタイプもあります。
自分に合ったサービスを提供している場所を選ぶことで、より快適な暮らしが送れます。
ファッションや音楽、動画などをサブスク契約するのと同じように、好きな賃貸物件と気軽に契約でき、のびのび暮らせるのは非常に魅力的だと言えるでしょう。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

サブスク型賃貸サービスのメリット・デメリット

サブスク型賃貸

サブスク賃貸は初期費用が安く抑えられ、家具・家電付きなどという魅力がありますが、それ以外にも様々なメリットが存在します。
続いては、サブスク賃貸のメリット・デメリットを見ていきましょう。

サブスク賃貸のメリット

まずは、サブスク賃貸にどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

・自由に移動できる
サブスク賃貸のメリットとして一番に挙がるのが、自由度の高さです。
持ち家で暮らしている場合には、年齢や環境によって好みや求めることが変わったとしても、簡単に引っ越しすることはできません。
しかし、サブスク賃貸であれば仕事やライフスタイルの変化に応じて、好きな地域や希望住宅へと簡単に移動が可能です。
インターネット技術の発達やリモートワークの普及などから、会社以外の場所で仕事ができるようになっており、引っ越しの難易度は下がってきています。
また、結婚や転職などの大きなイベントがなくても、「違う場所にも住んでみたい」「隣の人が苦手」などの理由で引っ越しを検討する人もいます。
我慢やストレスを感じながら生活を送るのではなく、自分の好きな場所へ気軽にできるので、気持ちの良い豊かな日々が送れるでしょう。

・契約手続きが簡単
サブスク賃貸は契約手続きが簡単な点も、大きなメリットとなります。
一般的な賃貸物件を引っ越す場合には、退去の申し出と手続き、そして新しい物件と契約を結ぶというプロセスを踏んでいきます。
しかし、サブスク賃貸なら運営会社によっては電子契約が可能なところもあり、スマホひとつで完結が可能です。
料金スタイルもシンプル明確で、支払い額が分かりやすくなっています。
また、定額料金の中には家賃の他に、光熱費やインターネット料金、ルームクリーニング代が含まれていることもあり、わざわざ連絡をして契約する必要もありません。

・ホテルや賃貸よりもコストを抑えられる
サブスク賃貸は契約の手間だけでなく、費用の負担も最小限に抑えられます。
通常の物件で暮らす場合には、家賃の他に光熱費やインターネット料金などの支払いが多く発生し、想定以上の金額を申請されることもあるでしょう。
しかし、サブスク賃貸の料金はそれらの費用が含まれているため追加の支払いがなく、金額が安定しているのも魅力です。
また、通常の引っ越しであれば退去・入居の度に敷金・礼金・手数料などの支払いの他、今まで使用していた家具・家電の破棄や買い替えが必要となることもあります。
一方で、サブスク賃貸は家具・家電が完備されているため費用が安く抑えられ、契約の手間に加えて引っ越しの負担も最小限に抑えられます。
また、初期費用の面を見ても、敷金・礼金・保証金などがかからないサブスク賃貸は非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

・使い方は無限大
サブスク物件は様々な使い方ができます。
アドレスホッパーの住居やサラリーマンの仕事場所として利用するのはもちろん、契約しておけば旅行や観光時の宿泊施設として使うことも可能です。
サービスによって宿泊可能日数によって異なりますが、平日は会社近くのサブスク賃貸を借りて、休日は持ち家で暮らすという人もいます。

通勤や通学先の近くで暮らせば通勤時間が短くなり、満員電車やバスで体力を浪費することもありません。
仕事や学校終わりに余裕ができ、満足度の高い生活を送れるようになります。

・出会いが多い
相部屋やドミトリーのサブスク賃貸なら、出会いが多いというメリットもあります。
個室タイプであってもキッチンやリビングは共有としていることが多く、出会いの場は多く存在します。
普通の生活では出会えないような人々と交流できるのはサブスク賃貸の魅力であり、新しい出会いがビジネスチャンスへとつながることもあるでしょう。

人との出会いやチャンスを求めている方、コミュニケーションが好きな方にとっては大きなメリットとなるはずです。

サブスク賃貸のデメリット

たくさんの魅力があるサブスク賃貸ですが、デメリットもいくつか存在します。
どのような点が使いにくい、暮らしにくいと感じるのかを見てみましょう。

・希望の日時に予約が取れない可能性あり
サブスク賃貸のデメリットとして、自分の希望する場所や日時に予約が取れるとは限らない点です。
人気の物件であればより一層難しく、数日前や数週間前に予約をしても既に埋まっている可能性があります。
また、予約可能な日時や連続宿泊の可能日数などの細かな決まりがあるため、入居前にきちんと確認しておく必要があります。
まだ宿泊するつもりだったのに滞在期間が終わってしまい、住む場所が突然なくなってしまう場合もあることから契約内容は入念にチェックしてください。

・相部屋が多い
サブスク賃貸の部屋は相部屋やドミトリーであることが多く、一人でのんびり過ごしたい人にとってはデメリットに感じてしまいます。
また、相部屋相手によっては活動時間が異なることもあり、夜の時間帯でも物音や話し声がすることもあります。
異国・異業種の人と出会えるのが魅力だと感じられれば良いですが、複数人と一緒はどうしても落ち着かない人は個室を探しましょう。
相部屋やドミトリー形態のサブスク賃貸が多いですが、中には個室の提供をしているところもあるため、契約前に問い合わせてみてください。

ただし、ホテルや通常の賃貸物件のように完全個室ではなく、リビングやキッチンなどは共有のことがほとんどとなります。
完全に一人の時間を求める方は、サブスク賃貸は向いていないかもしれません。

・部屋作りは楽しめない
サブスク賃貸の多くは家具・家電が完備されていて、用意された部屋に一定期間住むことになるので部屋作りは楽しめません。
用意されている設備によっては使いにくさや古さを感じることもあるため、自分の好きなインテリアや家電に囲まれた生活を送りたい人にはデメリットとなります。

また、複数人と一緒の暮らす相部屋やドミトリーの場合、他人の荷物が同じ空間に置かれることになります。
一生暮らすわけではなく短期間だけだと割り切れる方には向いていますが、部屋に強いこだわりがある方はストレスに感じるかもしれません。

・移動しながらの生活は疲れる
サブスク賃貸に限らず言えることですが、移動しながら生活するのは体力を使うため、疲れやすいでしょう。
定額制で期間内なら何度でも利用できるため、たくさん宿泊した方がお得にはなりますが、自宅と往復する場合には体力を使います。
また、期間が過ぎれば退去しなければならないため、次の施設探しをする労力も必要で、サイト巡りや問い合わせばかりで疲れてしまうでしょう。
契約が切れる前に次の施設を見つけなければいけないという焦りも加わり、サブスク賃貸で暮らすのを諦めてしまう人もいます。
どのような状況にも臨機応変に対応できるかをしっかり考えてから、サブスク賃貸を始めるのが良いでしょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

サブスク賃貸で物件を選ぶ際のポイント

サブスク型賃貸

現在、様々なサブスクが誕生しています。
そして利便性の高いサブスク賃貸ですが、安易に選ぶのではなく自分に合ったものを探すのがポイントです。
ここでは、サブスク賃貸で物件を選ぶ際のポイントを中心に紹介します。

拠点にする地域をチェックする

最初にサブスク型賃貸を利用する場合は、拠点にしたい地域の特徴をチェックしましょう。
賃貸で部屋を借りたり、一軒家を建てたりすると、その地域から引っ越すのが大変になります。
年齢やライフスタイルが変化した場合、これらの手続きや引っ越し準備に時間がかかりますが、サブスク賃貸なら拠点にしたい地域をチェックしたらすぐ移動しやすいです。
今はネット環境さえ整っていれば仕事できることが多いので、拠点にしたいところの環境や利便性を知っておくようにしましょう。

サブスク型賃貸では、各会社によって部屋を用意している地域などが異なります。
周辺の治安や利便性などを考慮して選ぶと、好みのサブスク型賃貸に出会えます。
また、拠点にしている地域の範囲などを知っておくと、選択肢も制限も少なく選びやすいです。

最低契約期間を確認する

サブスク型賃貸では、各会社によって最低契約期間が異なります。
1ヶ月からのものもあれば、3ヶ月や1年のものもあります。
サブスク型賃貸のホテル泊なら最短で1泊のお試し泊や14泊など、短期間での契約も可能です。

出張続きやフリーランスでスケジュールに合わせながら働く方には、サブスク型賃貸の選び方でメリットにもデメリットにもなります。
最低契約期間を確認しておくことで、利用しやすさも変わってくるでしょう。

住居タイプは自分に合ったものを選ぶ

サブスク型賃貸はサービスによって住宅タイプが異なります。
主にドミトリー、シェアハウス、提携の賃貸物件などから選択できるのが特徴です。

ドミトリーは相部屋のことで、複数に人が同じ部屋で生活するタイプです。
室内に個々で使用できる水回りやトイレ、キッチンなどがありません。
常に誰かがいる状態なので、楽しく過ごせる反面、集中したい場合には向いていないでしょう。
同じドミトリーでも、入居者ごとに家具やカーテンなどで仕切りを設置し、プライバシーは配慮したセミプライベートもあります。
サブスク型賃貸では、シェアハウスもあります。
通常のシェアハウスと同様、個室があるもののトイレやキッチンなどは共用です。
中には個室ではなく、数人で同じ部屋を共有するものもあるので、どのタイプのシェアハウスなのか確認しておきましょう。
サブスク型賃貸では、提携の賃貸物件を借りられるものもあります。
各会社で所有している個室やアパート、住宅を借りることも可能です。
ワーキングスペース、ホテル代わり、旅行のように場所を変えながら仕事したいなど、使用目的に合わせて選ぶのが良いでしょう。

予約のルールは事前にチェックしておく

サブスクによっては同じ部屋に連泊できるのか、最低何日まで利用可能か、何日前から予約可能かなど、それぞれのルールがあります。
同じ場所で数日過ごしてから他の部屋に移動したい、毎日違う景色の中で過ごしたいなど、どのような利用をしたいのかで予約の方法も変わってきます。
当日予約できるところもあれば、数日前までしか予約できないもの、予約した日から最低日数は連泊するなど、細かなルールは利用前に把握しておくと安心です。

これによって、過ごし方やサブスク型賃貸の見つけ方も変わってきます。

費用はトータルで考える

サブスク型賃貸を利用する場合、一般的に費用には光熱費が含まれていることが多いです。
そのため、初期費用と家賃や光熱費、管理費などのランニング費用を含めたトータル金額で考えるようにしましょう。
一見部屋を借りる方が高くなるように思えるかもしれませんが、サブスク型賃貸であっても初期費用は安くて毎月の費用が高いという場合もあります。
自由に移動できるというメリットはあっても、部屋を移動する際には費用がかかります。
他にも家具、家電付きかどうか、どのような家具が付いているのかなども知っておきましょう。
これらを知ってからトータル的に考えた時に、メリットがあるのはどちらかというのがわかりやすいです。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

住民票の所在はどうする?

サブスク型賃貸

もし、サブスク型賃貸で常に新たな土地への移動を繰り返している場合、住民票の所在はどうすべきでしょうか?

住民票を置く住所がないと起こり得る問題点

サブスク型賃貸サービスで常に新しい環境を転々としている場合、同じ場所に住んだとしても数日間や数ヶ月で変わってしまう可能性が高いです。
このような場合、どのような問題が浮き彫りになってしまうのでしょうか?

・免許証が更新できない
基本的に運転免許所の発行や更新ができるのは、住民票がある自治体のみです。
そのため、サブスク型賃貸で様々な土地に移動して住んでいる場合は、特定の場所に住所を構えていないことから免許の更新が困難になります。
もし地方を拠点にしていた場合、そこで生活している間に免許の更新期限が訪れてしまえば更新できないだけでなく、本人確認書類として免許証も使用できません。

・クレジットカード審査が通りにくい
クレジットカードは、個人の信用情報に基づいて審査されて使用できます。
カードを発行する際にも、いくつかの個人情報書類を提出し、認められた際に発行されるものです。
サブスク型賃貸で様々な地域で生活する前に、クレジットカードの必要性を感じている場合は作っておくのがおすすめです。

クレジットカードの審査には、居住形態も審査の対象に含まれ、持ち家や賃貸かを選択する項目もあります。
さらに現在の定住地がないと支払いが難しくて不安定だと判断されることもあるので、事前に申請しておくと良いでしょう。

・公共施設が利用できない
図書館や体育館などの公共施設は、その地域に住民票がある人だけが使用できたり、料金がかからなかったりします。
公共施設の利用を検討していない場合は問題ありませんが、もしサブスク型賃貸で生活する際にこれらの施設の利用を考えている場合は、事前に住民票を移動しておきましょう。
住民票の移動によって、より利便性の高い生活が送れます。

・選挙に参加できなくなる
住所の移動を行うには、住民票の転入・転出手続きをスムーズに行うことが求められます。
これは住民基本台帳法で定められている義務なので、違法性を問われた場合は最大で5万円の過料が課せられる可能性もあるのです。
問題やトラブルを防ぐためにも、住民票の問題を解決するのが最適です。

住民票問題を解決するには?

住民票の異動は法律に定められた義務です。
住んでいる場所を変えた時には、スムーズな転出・転入届けによって自治体からの支援も受けられます。
しかし、特定の場所に住まないアドレスホッパーのような存在であっても、所得税や住民税など納税するのは国民の義務であり、自分だけ逃れることはできないのです。
短期間でいくつもの拠点を転々とする場合、毎回住民票を移動させるのは困難です。
そして、住民票や税金関連のトラブルを防ぐためには特定の場所に住民票を置いておくのが良いでしょう。
住民票を置くのに適しているのは、実家やシェアハウスなどの拠点です。
このような方法を取ることで、住民票問題を解決することができるでしょう。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

人気のサブスク型賃貸サービス5選

サブスク型賃貸

サブスク型賃貸にはいくつかの特徴があり、自分に合ったサービスを選択することで快適な生活が送れます。
そこで、人気のサブスク型賃貸サービスを5つご紹介します。
比較しながら自分に合ったサービスを見つけてみましょう。

ADDress

ADDressは、日本各地にある空き家を利用したサブスク型の賃貸です。
2022年9月現在、全国に210ヶ所以上あり、無料の会員登録で詳しい詳細を把握できます。
料金プランは1ヶ月から始められるおためしプラン、90日以上の利用を検討している人向けの「きほんプラン」、31日分のチケット付与でサービスをフル活用したい方向けの「たっぷりプラン」があります。

光熱費やWi-Fi代も含まれていて、生活や仕事に必要なものは完備されています。
ADDressに登録されている家の多くに駐車場があるので、車やバイクを交通手段にしている方でも使いやすいでしょう。
滞在可能人数以下であれば、家族でも利用できます。
今後は、新しいジャンルの家としてキャンプサイトでの予約可能です。

Xross house

東京都内300物件、3500室以上から好きなタイプの生活が選べるのがXross houseです。
低価格、好立地、新築、築浅の物件を中心にしているシェアアパートメントで、Wi-Fiや生活必需品となる家具や家電、調理器具や備品なども揃っています。

週1回の清掃サービスもあり、住民票の登録も可能です。
本来、住宅を移動する際には費用がかかりますが、Xross houseに登録されている部屋なら初期費用なしで物件間の移動無料サービスがあります。
1年以内の再入居に関しては初期費用無料なので、近場でいくつもの部屋を選びながら生活しやすいのが特徴です。
鍵付きの個室なので水回りのみのシェアとなり、テレビや冷蔵庫も備え付けてあります。
シェアハウスなのにプライベート空間を持ちたい方にはおすすめです。

Hostel life

毎月1.5万円~全国のホステルで泊まり放題になるのがHostel lifeです。
最短1ヶ月の宿泊も可能なので、リモートワークや二拠点生活にも最適です。

個室の利用も可能なので、プライベートな空間を持つことができます。
最低限必要な家具は用意されていて、掃除は専門のスタッフが行います。
プランは家とホステルが利用できる二拠点パス、全国のホステルで泊まり放題のホステル暮らしパスがあります。
二拠点パスの場合は日曜~木曜までのパス、すべての曜日利用できるパスがあり、期間によって料金も異なるので自由度も高いです。
ホステル暮らしパスは、ドリトミーと個室で料金も変わってくるので、テレワークやワーケーション、オンライン授業など使い方によって選びやすいです。

HafH

「住むように泊まり、旅をするように暮らす。」がテーマとなり、世界に約809拠点のサブスク型賃貸を構えているのがHafHです。
毎月定額でお得に楽しくホテルに泊まれるサービスを提供していて、プランに付帯されているコインを使用してお得に宿泊できます。

1017以上の宿から定額で利用でき、スタンダードコース、スタンダードプラス、プレミアム、プレミアムプラス、ライトのコースから選択できます。
宿泊の際にはコインが必要で、各プランにコインが付帯されています。
余った宿泊数は自動的にコインとなって翌月に付与さますが、このコインを貯めておくことで豪華な部屋への宿泊も可能です。
宿泊サイトの予約と比較しても平均10.7%もお得に利用でき、宿泊とセットでJALの航空券も予約可能です。

unito

1ヶ月で5日からホテル暮らしが可能なサブスク型賃貸サービスのunitoです。
unitoでは、マンションではできない暮らし方を実現できるサービスとなっています。
出張が中心、都心に縛られない働き方がしたい、贅沢な環境でリラックスして仕事がしたいなど、普段できない働き方が実現できます。

部屋の種類はアパートメントやホテル、シェアハウスもありますが、エリアから探すことも可能です。
渋谷や恵比寿、新宿や代々木、上野や浅草、日本橋や茅場町、銀座や有楽町などの都心の他に神奈川や大阪、福岡に住むこともできます。
家にいない日は返金されるシステムで、週に1回だけ使用したい、平日のみ利用したいなどの要望も実現しやすいです。

まとめ

新しライフスタイルとして認められつつあるアドレスホッパーは、定職を持ちながらも場所に縛られることなく、自由なスタイルで働く人を指しています。
このアドレスホッパーはコロナの影響で認められつつあり、働き方の自由度も増してきました。
アドレスホッパーになると、自由な場所や環境を自分で選べるのですが、宿泊場所を自分で探したり、訪れたいエリアに希望する場所がなかったりというデメリットを感じがちです。
そのような時におすすめなのが、サブスク型賃貸サービスです。
サブスク型賃貸サービスなら、一定のプランを選択して料金を支払うだけで部屋に住むことができます。
部屋のタイプもプランも適したものが選びやすくなっています。
今後、サブスク型の賃貸サービスはますます注目されていくと予想できるので、この機会に実際に体験してみてはいかがでしょうか。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. 入居者が家賃を滞納したら…どのような対策を講じるべき?

  2. 窓のシャッター付きの賃貸を探したい!不動産屋に相談できる?

  3. 家具付き物件の特徴とは?メリット・デメリットや借りる時の注意点をご紹介

  4. 賃貸物件に防犯カメラを自分で設置!まずは不動産会社や大家さんに相談しよう

  5. 空室対策のアイデア10選!空室が長引く理由や対策での注意点も解説

  6. 賃貸のカーテンレールの疑問!付いていない場合の取り付け方法や交換時の対処法とは?

  7. 害虫駆除にかかる費用はいくら?相場から業者の選び方まで解説!

  8. サブスク型賃貸サービスとは?メリット・デメリットや人気のサービスをご紹介

  9. フリーレントって何?フリーレント物件のメリットや仕組みを解説

  10. 入居者募集はどうやって行う?やり方&満室にするためのポイントを解説

TOP