不動産会社の休みは決まっている?足を運ぶならいつがいい?

賃貸物件を探している、投資用のマンションを探している、家族と一緒に快適に住める分譲住宅を探しているなど、物件を探している場合、不動産会社に足を運ぶ人もいるでしょう。
今はネットでも物件を探すことができますが、詳しい情報を知りたい時、物件を契約したい時には店舗まで行かなければいけません。
しかし、せっかく行ったにも関わらず定休日だったら気分も落ち込んでしまうでしょう。
実は、不動産会社は「水曜日」が定休日であるケースが多いことはご存じですか?
なぜ、水曜日が多いのか、その理由や何曜日がおすすめなのかといった疑問を解決していきましょう。
スムーズに希望の物件を契約するためにも、この記事を役立ててください。

不動産会社の休みは水曜日が多いのはどうして?

水曜日

なぜ水曜日休みが多いのか疑問い感じる人は多いでしょう。
以下のような理由が挙げられるのでみていきましょう。

忙しい曜日から最も遠いから

不動産会社が混雑する曜日といえば土曜日や日曜日でしょう。
仕事や学校が休みの人が多く、通いやすいのです。
一方月曜日は、土日に契約した書類の手続き作業などで忙しくなるので定休日になる不動産会社は少ないといえます。
こうした理由から、土日や月曜を避けて水曜日を定休日とする会社が多くなっているのです。

管理会社が休みだから

仲介業者であれば管理会社が持っている物件をお客様に案内します。
その管理会社が休みであれば物件を紹介することができないため、管理会社の休みに合わせて不動産会社も休みとする場合が多いのです。

縁起が悪いから

水曜日は「水」という字を使っています。
そのため、その言葉から連想される「流れる」をイメージしてしまい、「契約が流れる」として不動産会社としては良いイメージを持ちません。
そのため、水曜日を定休日とする不動産会社もあります。

会社によっては水曜日以外が休みの場合もあるので、あらかじめ休みかどうか確認してから行くようにしましょう。
しかし、多くのなかから気に入った物件を見つけたいと考えている場合、不動産会社をいくつも回る人もいるはずです。
水曜日が定休日であれば、計画通りに物件探しができなくなるため、できる限り水曜日を避けて物件探しをしていきましょう。
また、同じような理由で火曜日を定休日に定めている不動産会社もいます。
その理由は火曜日の「火」が影響しています。
「大切な住まいが火事でなくならないように」という理由です。
ホームページのある不動産会社は多いので、定休日はネットで確認してから足を運びましょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

水曜日しか行けない!…そんな時はどうする?

スケジュール

水曜日に休みが多い不動産会社ですが、自身の休みも水曜日しかない場合、不動産会社に足を運ぶことが難しくなってしまいます。
その場合、どう対処すれば良いのでしょうか?

水曜日に営業している不動産屋を選ぶ

確実なのは水曜日も営業している不動産会社を選ぶことです。
どうしても水曜日にしか行けないのであれば、ネットなどで情報を検索し、開いている不動産屋を探しましょう。
年中無休の不動産会社があれば、定休日を気にすることなく自分が空いている日に来店できるので便利です。

相談してみる

不動産会社によっては「水曜日にしか行けない」ということを伝えると、対応してくれるケースもあります。
近くに不動産会社がない場合やどうしても欲しい物件があることを伝えることで、対応してくれる可能性はゼロではないので、電話などで相談してみてください。
ただし、断られてしまう可能性も含めて相談することが大切です。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

不動産会社は何曜日に足を運ぶのがおすすめ?

不動産会社

水曜日定休の多い不動産会社ですが、何曜日に相談に行くことがおすすめなのでしょうか?
おすすめの曜日をご紹介します。

日曜日は避けた方が良い

日曜日に足を運ぶのは避けた方が無難です。
その理由としては、やはりお店が混雑している点です。
日曜日は仕事や学校が休みの人が多く、引越し先や新しい物件を探しに多くの人がお店に訪れています。
混雑していれば、じっくりと相談することも難しいでしょう。
なかには予約制を採用しているお店もあるので、事前に予約が必要か確認しておくことも大切です。

おすすめなのは月曜日か金曜日

おすすめの曜日としては、やはり平日となります。
土日と比較するとお客様の人数も少なく、ゆっくりと物件紹介をしてもらえるでしょう。
なかでも、おすすめの曜日が月曜日と金曜日です。
月曜日は、前の週の動きが判明しているため、営業マンが新しい情報を入手している可能性が高いです。
日曜に契約された手続き処理などで従業員の数が多いお店も多いので、ゆとりを持って対応してもらえるでしょう。
また、不動産会社によっては情報の更新を1週間ごとにしている場合があります。
新しい情報が掲載されやすい曜日もあるので、希望の物件を見つけやすい利点もあるでしょう。
金曜日がおすすめの理由としては、営業をしている不動産会社が多いのと来店しているお客さんの数が少ないためです。
土日は忙しい不動産屋も多く、その準備のために営業しているところが多いです。
そのため、不動産屋巡りをしたい人にとって有利といえるでしょう。

午前中が最適

平日のなかでも特に月曜か金曜に足を運ぶことで、じっくりと物件探しができますが、午前か午後で悩む人もなかにはいるでしょう。
おすすめとしては、午前中の来店です。
お昼から夕方にかけてお店も混んでくるので。朝の時間帯であればゆっくりと対応してもらえるでしょう。

年末年始は要注意!

年末年始をはさんで物件探しをするのなら、休みの確認をしてから不動産会社に足を運びましょう。
年末年始は、ほとんどの不動産会社が休みになります。
来店するお客様の人数も少ないことから、5日程度休みになるところは多いです。
休みがない場合でも、時間短縮となっているお店も多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

確実なのは予約をすること

多くの不動産会社では平日の来店がおすすめですが、なかには平日でも忙しいところもあるでしょう。
その場合、せっかく行ったにも関わらずあまり物件を紹介してもらえず落胆してしまうかもしれません。
そういったことを防ぐためにも、事前に予約をすることをおすすめします。
「金曜日の午前中しか行けない」「火曜日の夕方しか行けない」など、希望を伝えることで担当者が空いている日を教えてくれます。
また、どういった物件を探しているのかある程度話しておきましょう。
予約をしていた日時までに担当者がニーズに合う物件をピックアップしてくれる可能性もあり、スムーズに契約まで運べる可能性があります。
また、自分自身で物件を調査することも大切です。
不動産会社のホームページをチェックし、公開している物件情報から希望に合う物件を探していきます。
住みたいエリア、予算、周辺環境など、あらゆる面を考慮してピックアップし、予約時に伝えておくと、さらに細かな情報を提供してくれる可能性もあるでしょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

内見は何曜日にするのがおすすめ?

内見

気に入った物件や気になる物件を見つけたら、内見へと進みます。
内見とは、「内部見学」の略語で実際に希望する物件に足を運び、自分の目で確認できるサービスです。
内見をしないと入居後に「イメージと違う」と感じることも多く後悔してしまう可能性があります。
後悔しない、失敗しないためにも内見は物件選びと必須となるでしょう。

最近では新型コロナウイルスの影響で内見を実施していない不動産会社がいるほか、遠方に住んでいる場合は足を運ぶことができない可能性があります。
その際には、web内見を実施しているところもあるので、実際に内見ができない時にはweb内見をしている不動産会社を探して希望してみるといいでしょう。

ここからは、内見をいつ行うべきかおすすめの曜日を解説していきます。
希望の物件を見つけるためにも参考にしてください。

土日にする人は多い

内見を最も多く実施する曜日としては土曜日と日曜日が当てはまります。
会社員の多くは土日休みが多く、足を運びやすいという理由でしょう。
土曜日と日曜日を比較すると、土曜日の方が内見数は多いです。
日曜日であると次の日から仕事や学校に行くことになるので、ゆっくりと内見できる土曜日を選ぶ人が多いと考えられます。

ライバルに先を越されたくないなら土曜日の午前中がおすすめ

希望している物件が人気の場合、内見の申し込みも多い可能性があります。
不動産会社によって違いはありますが、受付は申し込み順になっていることも多いので、気に入った物件があれば早い段階で申し込む必要があるでしょう。
土曜日の午前中に内見をすれば、午後から内見をする人や日曜に内見をする人よりもリードできるため、契約できる可能性がグッと高まります。

平日休みなら平日の内見がベスト

ゆっくりと内見をしたいなら平日の内見がベストです。
土日に比べて休みの人が少なく、予約が取りやすい利点があります。
そのため、内見尾時間も多く確保できるでしょう。
平日に内見をするメリットは以下の通りです。

◎細かい部分までチェックできる
混雑している土日に内見をすると予約も多くなるので、1回の内見に割ける時間は少なくなります。
しかし、平日はゆとりがあるので内見の時間も多く確保できるでしょう。
担当者も物件について詳細を伝えることができるので、細かい部分まで希望とする物件をチェックできます。
時間をかけてチェックできるので、メリットやデメリットなどあらゆる点も見えてくるでしょう。

◎内見巡りもできる
賃貸物件を探している場合、希望する物件が複数出てくるケースもあります。
その場合、空いている時間帯であれば複数の内見ができる場合もあるでしょう。
比較をすればより自分の希望に見合う物件を探せるので、内見巡りができる場合は依頼してみるといいでしょう。

◎より希望に見合う物件を探せる
希望通りの物件があれば満足できるでしょうが、もしなかった場合はどうしようかと悩むこともあるでしょう。
快適に住むためには、自分が持っている条件に見合う物件を見つけることが重要なので、新しい物件が公開されるのを待つしかありません。
新着物件に関しては、平日に公開する不動産会社が多いので、平日に不動産会社に足を運ぶことで新着情報を入手できるほか、運が良ければそのまま内見することも可能です。
気に入った物件があれば契約もできるでしょう。

内見の問い合わせは数日前にしておこう

内見は予約なしでも行うこともできますが、不動産会社によっては事前に予約をしないとできないケースも多いです。
その理由は、物件の所有者への挨拶や鍵を借りるといった作業があるためです。
そのため、内見をしたい2日から3日前までは予約をしておきましょう。

最適な時間帯はある?

内見に最適な曜日があるように、最適な時間帯も存在します。

◎生活スタイルに合わせて内見する
人によって生活のスタイルに違いがあるので、家にいる時間帯にも差異があるでしょう。
そのため、家にいることが多い時間帯に内見をすることが最もおすすめとなります。
例えば、夕方に家に戻りそこから家にいることが多い場合には、夕方以降の内見で周辺地域の雰囲気も一緒に知ることができます。
夜勤が多い場合には、朝からお昼にかけて内見をすると良いでしょう。
夜勤の場合、周辺の人たちとは生活するスタイルが違う場合が多いので、特に騒音を気にするケースも多いです。
昼間、騒音が多い場所であればゆっくりと休めないので、ストレスを感じない部屋を探せるよう内見で調べていきましょう。
また、その際には日当たりも確認することをおすすめします。
夜勤の場合、日中日当たりが良すぎてしまうと睡眠に影響を与えるケースもあります。

◎2回内見するのもおすすめ
1回の内見では確認できない部分も多いです。
そのため、2回内見することでより自分に合った物件を見つけることができます。
ただし、2回内見をする際には時間帯を変えるようにしましょう。
1回目の内見が平日の昼間であれば、2回目の内見は土曜日や日曜日の夕方以降など、曜日だけではなく時間帯も変えることで日当たりや騒音など、様々な要素を含めてチェックできます。
周辺環境に関してもチェックする必要がありますが、内見時以外にも確認できるのでより快適な住まいを見つけたい場合にはじっくりとチェックしていきましょう。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

内見をするならそこで決めるくらいの勢いが大事!

仲介

良い条件の物件やおしゃれな物件、アクセスに優れている物件など、人気のある物件は早めに契約を決めないと他の人に取られる可能性が高いです。
物件を探す際には、様々な物件を見て決める人も多いと思います。
しかし、悩みすぎてしまうと後悔してしまうでしょう。
色々な物件の内見を行い、「やっぱり最初の物件が1番良い」と最終的に判断をしても、その時にはもう契約が決まっており、後悔するケースもあります。
物件探しはスピードが勝負でもあるので、内見をする場合には「そこで決める」くらいの勢いが大事となるでしょう。
そのためにも、本当に気になる物件のみを内見するようにしてください。

内見の部屋は3つまで絞る

内見は無料でできるので、気になる物件があれば「全部内見したい」と考える人も多いです。
しかし、何件も内見をしていると上記でも解説したように最初の方に内見をした物件が最終的には無くなっているケースもあるのです。
「そこで決める」とスピード勝負で内見をするなら、3つに部屋に絞り、内見をしましょう。
それ以上内見をしてしまうと、「あっちも良かったよな」「こっちの物件はここがダメな気がする」「ここは良いけど、あそこはダメ」などと迷ってしまい、結局決めきれなくなり物件探しに手間取ってしまいます。
そのほかにも、

・設備が古い
・建物が古い
・車通りが多くてうるさい
・繁華街が近くにあり夜でもうるさい
・狭い
・エアコンがない

などと理由は様々です。
上記に関しては、内見をする前に分かるケースもあります。
多くの不動産会社では、物件の情報を細かくネット上に記載しています。
そのため、ある程度の情報を前もって得ることは十分に可能なのです。
周辺状況に関しても、Googleストリートビューを活用することで駅から物件までの雰囲気やどんなお店があるのかなどを調べることができるので、工夫をしながら物件探しをしていきましょう。
また、不動産会社や自分自身の休みも考慮しながら検討してください。
仕事をしている場合、内見を目的に休みを取得することもできますが、あまり多くの休みをもらうことはできないでしょう。
会社に迷惑をかけないためにも、スピードを意識しながら物件を探すことが大切です。

予算オーバーしている物件は内見しない

内見をしたい物件のなかに、予算を超えている物件はありませんか?
少し予算をオーバーしていても、希望通りの物件があれば内見をしたくなります。
「節約をすれば大丈夫だろう」と考えていても、入居審査で落ちてしまうこともあり結局住むことができない可能性もあります。
運よく入居できたとしても、家賃を支払い続けることができなければ退去となってしまいます。
予算を超えている物件に関しては潔く諦め、違う物件を探して内見を申し込みましょう。

引越しのスケジュールを加味しておく

内見をする際には、引越しについて加味しておくことも大切なポイントです。
引越しをするまでに長い期間を要すれば、内見をしたとしても先に契約されて住めない可能性は十分にあります。
物件に関しては取り置きがなく、早く住んでくれるお客様が優先されるケースが多いです。
繁忙期になれば引越しサービスを予約することも難しくなり、1ヶ月後にしか引越しができないなどとなる場合もあります。
先に申し込みを済ませても、入居開始日が先であれば新居の家賃の支払いも始まってしまいます。
今住んでいる物件の家賃と新居の家賃、両方を支払うことになるので、費用が多くかかり生活にも悪影響が出てしまうでしょう。
スムーズに引越しをするためにも、入居開始までのスケジュールをしっかりと立てて内見の準備も進めていきましょう。

申し込みの準備をしておく

希望の物件を素早く契約するためにも、内見時に申し込みの準備をしておきましょう。
内見で「この部屋がいい」となれば、あとは契約となります。
その際、申し込みの準備をしていればそのまま契約することが可能です。
必要な書類としては、

・身分証(運転免許証やパスポート、健康保険証など)
・年収を証明する書類(源泉徴収票や課税証明書)
・認印もしくは実印
・印鑑証明書(実印契約をする場合)
・住民票
・連帯保証人の実印や印鑑証明書

などとなります。
そのほかにも、記入する書類に必要となる以下の項目についても事前に確認しておきましょう。

・名前
・生年月日
・電話番号
・現住所
・年収
・勤務先の住所
・電話番号
・勤続年数
・連帯保証人の名前
・連帯保証人の生年月日
・連帯保証人の電話番号
・連帯保証人の現住所
・連帯保証人の年収
・連帯保証人の勤務先住所
・連帯保証人の勤続年数
・連帯保証人の役職

です。
自分だけではなく、連帯保証人の詳しい内容まで必要となるので、あらかじめメモなどで用意しておき、内見時に忘れないよう持って行きましょう。
入居に関する必要な手続きに関しては、内見をする不動産会社にあらかじめ聞いておき、不備のないように用意してください。

内見のチェックポイント

スピーディに契約を進めていくためにも、あらかじめ内見時にチェックするポイントを覚えておきましょう。
ネット上に様々な情報が記載されていますが、

・日当たり
・風通り
・湿度
・カビの有無
・傷や汚れ
・建物全体の清掃状況
・眺望

などは、実際に自分の目で確認しないと分からないことが多いです。
そのほかにも、家具や家電を設置できるか確認する必要もあるでしょう。
持っている家具のサイズを事前に図ってメモしておき、内見時にきちんと設置できるかチェックしてください。
特に冷蔵庫は場所が確保できていてもサイズによっては設置できないケースもあります。
左開き、右開きなど、冷蔵庫の種類によって扉を開ける方向にも違いがあるので、設置する場所によっては扉が開かなくなってしまうこともあるので、必ず確認してください。

まとめ

引越しを検討し、不動産会社に足を運ぼうとしても、水曜日を定休日としているところは多いので、再度行ける日を調整することになります。
水曜日を休みとする理由にはいくつかありますが、同じように火曜日を休みと定める不動産会社もあるので、事前に休みや営業時間の情報をチェックしておきましょう。
また、内見に関しても希望の物件を契約できるよう、あらかじめの対策が必要です。
他の人に取られて後悔しないよう、そこで決めるくらいの勢いを持って内見することが大切です。
その際には、上記を参考に内見を進めてください。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. 不動産経営で賃貸管理を成功させるには?知っておきたい管理方法を解説!

  2. 2021年賃貸管理戸数ランキングが発表!上位10社の賃貸管理における特徴とは?

  3. 賃貸管理会社が手掛ける仕事内容とは?不動産仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介

  4. ビル・マンションなどで見かける「定礎」とは?定礎式の内容や気になる中身を調査!

  5. 北向きの部屋って避けるべきなの?方角別のメリット・デメリットなどをご紹介!

  6. 事故物件には住みたくない!!事故物件の探し方や見分け方とは?

  7. 不動産屋の提案を断りたい…メールやその他の断り方とは?

  8. スタートアップ企業のオフィスを選ぶ時のポイントは?費用相場などもご紹介!

  9. 移住者も増えている!?別荘地として人気の軽井沢の歴史や魅力をご紹介!

  10. 国内の住宅業界にも大きな影響を与えるウッドショックとは?

TOP