不動産営業の仕事とは?どのような業務に取り組むのかご紹介!

不動産業界に興味を持っている人はいませんか?
安心して暮らすために欠かせない住宅に関する仕事を通し、多くの人たちに幸せを与える職種でもあります。
そのなかでも、不動産営業に興味を抱いているのなら、この記事を参考にしてください。
不動産営業の仕事内容や取り扱っている商品など、様々な情報をまとめています。
しかし、「営業は辛そう」などと考える人もいるはずです。
そんな悩みを解決するためにも、不動産営業に向いている人やどういった時にやりがいを感じられるのか、不動産営業における魅力もご紹介していくので、不動産業界への就職や転職を検討している人はこの記事を役立ててください。

不動産営業の仕事内容

不動産営業

まずは、不動産営業がどういった仕事をしていくのか、詳しく解説していきましょう。
不動産営業といっても種類があるので、それぞれの内容を説明していきます。

不動産賃貸の仲介

賃貸用のマンションやアパート、オフィスなどを借りたい人に向けて契約業務を担う仕事が不動産賃貸の仲介業務です。
借りたい人と大家さん、管理会社の間に立つパイプのような役割で、物件の紹介をしていくのです。
そのほかにも、借りたい人が物件の内見をしたい場合に付き添いを行う業務や必要があれば物件の写真などを撮影して借りたい人に提供する業務もあります。
そのため、様々な物件の情報を覚える必要があるでしょう。
基本的には、部屋やオフィスを借りたい人に向けて営業をしていく仕事です。
そのため、飛び込みでの営業がない点は魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。
営業という仕事に少し躊躇しているのなら、不動産賃貸の仲介業務を検討してみましょう。

不動産の販売

不動産会社によっては自社で一戸建てやマンション、土地などを保有しているケースもあります。
そのため、不動産の販売業務では保有している住宅を売るための業務となるでしょう。
賃貸仲介とは違い、「買う」ことを目的に訪れる人が多いです。
その希望を叶えるために、条件に見合った住宅を勧めていくことになります。
また、自身から積極的に営業活動をすることも特徴のひとつです。
ノルマが課せられることもありますが、契約となれば企業にとって大きな貢献となりやりがいを感じられるでしょう。

不動産販売の仲介

不動産販売の仲介では、個人だけではなく企業持っている不動産を購入したいと考える人を探すのが仕事です。
売りたい人、買いたい人を結ぶパイプ役となり、提案をしていきます。
自身の会社で保有している物件を売ることが目的ではないため、売却を検討している不動産を見つけることから始めなければいけません。
その際には、不動産を持っている人を見つけるべく、売買用の不動産を募集する広告を作成することもあります。
有効活用できるよう魅力のある広告を作り、周辺の住民に向けてポスティング作業を行う業務も仕事のひとつです。
物件が見つかった際には、買うことを希望している人に向けて営業を行っていきます。
的確な提案をするためにも資料作成を行うほか、購入してもらえそうな場合には金額交渉なども実施するでしょう。
不動産営業のなかでも、幅広い仕事を受け持つことが考えられます。
また、不動産販売と同様に飛び込みでの営業が多くなります。
初心者にとっては難しい部分もあるでしょうが、やりがいがあるので充実した業務ができると考えられます。

仕入れをする場合もある

仕事内容としては、上記の3つが一般的です。
しかし、会社によっては仕入れを担当するケースもあります。
魅力的な土地や住宅を見つけることで、買い手もつきやすいでしょう。
土地の場合には、土地の有効活用の方法なども踏まえて仕入れ業務をしていくといいでしょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

どんな商品を取り扱っている?

不動産営業

不動産営業では、不動産を商品として取り扱うことになりますが、どういった種類の商品があるのでしょうか?
それぞれを解説していきましょう。

居住用のマンション

他人ではなく自分で住むために契約するマンションのことを指します。
上記でご紹介した不動産賃貸の仲介、不動産の販売、不動産販売の仲介といったすべての種類の不動産営業で取り扱っています。
ただし、呼び方が違うケースがあります。

・不動産賃貸仲介→賃貸マンション
・不動産販売、不動産販売仲介→分譲マンション

それぞれの企業によって違う可能性があるので気を付けてください。

投資用のマンション

人が住むためのマンションですが、「投資用」なので自分が居住するわけではありません。
自分が所有しているマンションに違いはありませんが、利益を得ることが目的となり、他人に貸し出しをして家賃収入を得るためのマンションとなります。
不動産販売の仕事に就くと取り扱うことが多い商品でしょう。

居住用の戸建て

自分が住むことを目的とする一戸建て住宅のことを指します。
不動産販売や不動産販売仲介の仕事で取り扱うことの多い商品でしょう。
居住用だけではなく賃貸用の一戸建てもあります。
また、すでに完成している住宅を販売する、もしくはこれから完成する予定の住宅、建設予定の住宅を販売するケースもあります。

オフィス

仕事で使用する事務所や建物のことを指します。
法人や店舗経営者が対象となり、不動産賃貸仲介で取り扱われることが多い商品です。

投資用の1棟マンションやアパート

マンション投資では、マンションの1室を投資用に購入するほか、マンションを1棟丸ごと購入し、家賃収入や売却収入で利益を得ようと考えるケースがあります。
投資用の1棟マンションやアパートは、すでに完成しているものを販売することのほかに、土地の保有者に対してマンションやアパートによる投資を営業で持ちかけるケースもあります。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

不動産営業はこんな人に向いている

不動産営業

不動産営業をするにあたり、どういった人に向いている職種なのか気になる人は多いでしょう。
自分が向いているのか把握するためにも、以下を参考にしてください。

フットワークが比較的軽い人

迅速に行動できる人物は不動産営業に向いているといえます。
不動産業界では、信頼性を重視して会社や担当者選びをするお客様も多いです。
例えば、物件に関する相談をした際にすぐに返事をしてくれる担当者と、返信を先送りにする担当者では返事をすぐにくれる方が信頼できると考えられます。
そのため、速やかに対応できる行動力のある人物は、信頼を得ることにつながるので業界でも魅力のある人物であると想像できるでしょう。

敏感に新しい情報を察知できる人

新しい情報をすばやくキャッチできる人は不動産営業に向いています。
不動産に関する環境は日々変化しているため、古い情報であると信頼性に欠ける人物と判断されてしまうケースがあります。
不動産に関する情報を常にチェックすることで、お客様にも有益な情報を与えることができるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

知り合いだけではなく、初めて会った人ともコミュニケーションを築くことはできますか?
お客様と面と向かって会話をする営業では、コミュニケーション能力の高さは必要不可欠といえます。
ニーズを聞き出し、希望に見合う物件を探すためには会話を通して引き出す必要があります。
人見知りだからとうまく話せなければ、満足してもらえないでしょう。
また、人生において最も大きなお金を使うであろう住宅の購入や、投資用の物件を購入するにあたり、不安を抱えているお客様も多くいるはずです。
そんなお客様の緊張をほぐすためにも、場を和ませられる能力や安心できるよう会話をする能力は重要となります。
分かりやすくかみ砕いた説明能力の高さも必要となるでしょう。

メンタルが強い人

不動産営業ではストレスを抱える仕事を任されるケースもあります。
特に管理物件の入居者からのクレーム対応では、理不尽な言葉を投げかけられる可能性もあるでしょう。
慣れていないと落ち込むことも多いでしょうが、お客様を納得させるためにも対応力を身に付けることが大切です。
クレームがくるたびに深く考えこんだり、落ち込む日々を過ごしていれば神経をすり減らし、仕事のモチベーションにも深く影響を及ぼします。
ポジティブに考えられる能力を持っている人物であれば、落ち込むことがあっても次に進めるので、不動産営業に向いているといえるでしょう。

目標は「稼ぐ」こと

仕事をするのであれば「稼ぐ」ことを目標にしている人も多いです。
とにかくお金を稼ぎたいと思っているのなら、不動産営業は向いている職種といえます。
不動産業界は、ノルマがきついといったデメリットが存在しますが、成果があればきちんと評価される仕組みです。
稼ぎたい意思があれば頑張れる動力になるので、多く稼ぐことにもつながるでしょう。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

不動産営業が向いていない人の特徴

不動産営業

反対に不動産営業という仕事が向いていない人の特徴を挙げていきましょう。

安定した生活を送りたい人

仕事をする場合、「安定」を意識している人は多いでしょう。
安定した収入が得られれば安心した生活が確保できます。
しかし、不動産営業の給与や売上に応じているケースが一般的なので、契約が取れない時には給与が下がることもあります。
毎月安定した給与を望んでいる場合には向いていない職種といえるので避けた方がいいでしょう。

内向的な人

コミュニケーション能力が必要不可欠な不動産営業において、内向的な人間は仕事を続けることが難しいといえます。
時には飛び込み営業も必要となり、初対面の人に対して営業をする可能性もあるでしょう。
そんな時に雑談などを交えて会話をする能力がない場合には、契約を取ることが難しくなってしまいます。
今後内向的な性格を直そうと努力しているのであれば大丈夫でしょうが、人と関わる仕事に就きたくないのであれば不動産営業には向いていないと考えられるでしょう。

プライベートを重視したい人

仕事をしていてもプライベートを重視した生活を送りたい人が多くなっています。
自分の趣味や家族のことを優先したいのであれば、不動産営業は向いていないでしょう。
その理由はお客様の都合で仕事をする部分が多いからだといえます。
お客様によっては、日曜日しか空いていない、月曜の20時以降しか空いていないなど、希望があるケースもあります。
その場合、お客様の都合を優先するため、時間を合わせることで契約が取りやすくなるのです。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

不動産営業の仕事にはこんなやりがいが!

不動産営業

不動産営業に就くとどういったやりがいを得られるのでしょうか?

取り扱う商品に重みがある

「住まい」という高額商品を取り扱うことになります。
中には、一度の取引で数億円ものお金が動くケースもあります。
取り扱う商品に重みがあることで、成果を上げた際には大きなやりがいを得られるでしょう。

普段は出会えないような人に出会える

普段の生活では自分とフィーリングの合う人と行動する人が多いと思います。
しかし、不動産営業の仕事に就くと今まで出会ったことのないような人と出会える魅力があるのです。
性別や職業が違うだけではなく、幅広い年代の人と出会えるでしょう。
学生を相手にすることもあれば、年配の資産家を相手に仕事をする可能性もあります。
一緒に物件を探し、内見をしていくうちに不動産に関する話題だけではなく、趣味や特技、仕事の話など、様々な話をしていくでしょう。
そういった雑談のなかで信頼関係が芽生えれば、その後もリピートをし続けてくれる可能性もあります。
時には仕事だけではなくプライベートでもつながりを持てる親しい関係に発展するかもしれません。
不動産という仕事を通してでしか出会えない人と知り合いになれることで、人生をより豊かに実りのあるものにできるのではないでしょうか。

頑張りが結果に反映されやすい

不動産営業では、頑張れば頑張った分だけ結果につながります。
給与では、歩合制の割合が高いことが基本的なので、契約が取れれば高収入が期待できるでしょう。
能力の高い人物であれば、20代前半であっても多くの収入を得られる可能性があります。
自分の頑張りを正当に評価されたい、稼ぐことを目標に頑張っている、そんな人にとっては、大きなやりがいとなる職種でしょう。

豊富なキャリアプランがある

不動産業界の仕事は営業だけではありません。
物件管理の仕事や開発の仕事、コンサルティングやマーケティングの仕事も存在します。
仕事をしていくなかで、自分が得意な分野を見出せることで、キャリアプランを変更することも可能でしょう。
営業という仕事であれば、不動産のみならず資産運用などの金融業界を目指すことも可能です。
建築業界でも営業は必要不可欠な職種なので、理想的なキャリアプランを実現するためにも不動産営業は第一歩として適した職種といえます。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

不動産営業の仕事をするならこんな資格があると有利に

不動産営業

不動産営業において、必要な資格は特にありません。
しかし、持っていることでお客様を満足させる提案ができる可能性は非常に高いです。
より多くのお金を稼ぐため、信頼を得るためにも資格取得を目指してみてはいかがでしょう。
ここからは、不動産営業の仕事に就くにあたり持っていると有利になる資格をご紹介していきます。

宅地建物取引士

宅建と呼ばれることの多い宅地建物取引士は、不動産のスペシャリストともいえる資格です。
民法や建築基準法、宅建業法、消費者保護法など、様々な知識を持っていることで、買主や売主に与えるリスクや会社へのリスクを回避することに役立つのです。

ファイナンシャルプランナー

立場やライフイベントを考えて資産設計をし、実現に導く方法をアドバイスできる資格がファイナンシャルプランナーです。
不動産営業では、購入をするにあたり住宅ローンについても話をする必要があります。
年収からみてどの程度のローンを組めるのかではなく、家族構成や資産、ライフスタイルなどの様々な情報を考慮して無理なく支払える手段を提案することができるため、お客様により満足されるアドバイスを実施できます。
不動産業界だけではなく、幅広い職種にも有効な資格なので、いずれは違う職種に就きたいと考えている人にとっても魅力のある資格です。

不動産鑑定士

不動産の借りを適正に鑑定することができる資格を持った人物のことを不動産鑑定士といいます。
「不動産を売却したい」「不動産を貸したい」といった要望に対して、その価値を判定し有効な使い方についてもアドバイス可能です。
全国でも不動産鑑定士の人数は少ないので、希少価値が高いです。
そのため、持っていることで有利に動く可能性は高いでしょう。
独立開業を目指している人にも有効といえる資格なので、不動産業界で活躍したい場合には取得を目指してみましょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

不動産営業におけるテクニック!

不動産営業

もし不動産営業として働くことになった場合の成果を生み出すテクニックをご紹介していきます。
即戦力として活躍するためにも参考にしてください。

親近感を持ってもらうためのテクニック

お客様と信頼関係を築くことは営業に置いて大切なポイントです。
距離を縮めるためにも「共通点」を見つけてみましょう。
趣味や好きな食べ物、好きな芸能人、好きな本や映画など、種類は何でも構いません。
共通点があることで距離を縮めることができます。
話題が増えることで信頼関係が築け、契約も取りやすくなります。

本当に求めていることを知るためのテクニック

物件を探していても、どういった物件が良いのかいまいちわかっていないお客様もいます。
ふんわりとした希望のみであれば、不安や不満を聞いてみましょう。
新しい居住空間を求めている場合、今住んでいる物件の不満を挙げてもらうだけで、心の底にある希望を見つけられるケースもあります。
例えば、今住んでいる物件の不満点が「駅から遠い」ことだった場合、駅近の物件を探していることになります。
それに加えて雑談などを通して会話が弾めば、「家族との時間を増やしたい」という希望に辿りつくかもしれません。
その場合、駅近だけではなくファミリー層に人気のマンションや治安の良いエリアにある物件を紹介することができます。
希望の物件を見つけ出す際には役立ててみてください。

フォローを行う

契約後にフォローをすることを忘れないようにしましょう。
大きなお金が動くので契約をした後も不安な気持ちを抱いている人は多くいます。
「もっといい物件があったのではないか」「反対された」などの理由で契約後であってもキャンセルに訪れる人もなかにはいます。
不安を解消してもらうためにも、フォローをして契約したことが間違いではなかったと認識してもらいましょう。
フォロー方法としては、「人気の物件で契約後に何件も問い合わせがきました」「入居が楽しみですね」などと電話をして一言伝えるだけです。
お客様が安心するような一言を考えてフォローしてあげましょう。

尋問をしない

お客様のニーズを聞き出すためには会話の途中に質問を混ぜ込むでしょう。
どういった希望があるのか聞くことで、最適な物件を提案することにつながります。
しかし、質問が尋問にならないように注意する必要があります。
ニーズを聞き出したいからと質問ばかりをしていては、お客様も疲れて嫌気がさしてしまいます。
気持ちよく物件を探してもらうためにも、質問のし過ぎに気を付けてください。

手紙を書く

これまで、不動産を購入した経験を持っている人、賃貸物件の契約をしたことがある人のなかに、不動産会社から手紙をもらった経験を持っている人はいませんか?
特に契約が成立した際に感謝の気持ちを伝える営業マンは多いです。
手紙を受け取った側からすると、嬉しい気持ちになるでしょう。
しかし、よりインパクトを残すためには初めて会った日に手紙を送ることがポイントです。
来店してくれたことへの感謝の気持ちを伝え、希望に合う魅力的な物件を提案できるよう記しましょう。
複数の会社を比較しているお客様であれば、一歩抜け出せる可能性があります。
すべてのお客様に効果がある行動ではなりませんが、契約を取るためにも一度挑戦してみてはいかがでしょう。

まとめ

不動産業界に興味があっても、自分に務まるのか不安を抱いている人は多いでしょう。
コミュニケーション能力や新しい情報を察知できる能力があるなど、向いている人の特徴に当てはまるようであれば営業マンとして活躍できる可能性が高まります。
頑張れば頑張った分だけ結果に反映されやすい職種なので、将来のために稼ぎたいと考えている人にとって大変魅力のある職種です。
不動産業界に興味がある、営業マンとして様々な人たちの生活の手助けをしたい、安心できる住まいを手に入れて欲しい、など不動産業界で働きたいのであれば、営業も視野にいれて就職や転職を検討してみてください。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. 不動産経営で賃貸管理を成功させるには?知っておきたい管理方法を解説!

  2. 2021年賃貸管理戸数ランキングが発表!上位10社の賃貸管理における特徴とは?

  3. 賃貸管理会社が手掛ける仕事内容とは?不動産仲介との違いやメリット・デメリットをご紹介

  4. ビル・マンションなどで見かける「定礎」とは?定礎式の内容や気になる中身を調査!

  5. 北向きの部屋って避けるべきなの?方角別のメリット・デメリットなどをご紹介!

  6. 事故物件には住みたくない!!事故物件の探し方や見分け方とは?

  7. 不動産屋の提案を断りたい…メールやその他の断り方とは?

  8. スタートアップ企業のオフィスを選ぶ時のポイントは?費用相場などもご紹介!

  9. 移住者も増えている!?別荘地として人気の軽井沢の歴史や魅力をご紹介!

  10. 国内の住宅業界にも大きな影響を与えるウッドショックとは?

TOP