賃貸物件のオーナーにみられる悩みとは?問題の原因&解決策をご紹介

賃貸物件のオーナーになると、毎月の家賃収入が得られたり、将来の資産形成に役立ったりすることから、オーナーになりたいと考える方もいるでしょう。
その一方で、賃貸物件のオーナーになったものの、想像していたような経営ができずに悩んでいる方もいます。
そこで今回は、賃貸物件オーナーが抱える問題や原因、解決策についてご紹介します。

Contents

賃貸物件のオーナーが抱える6つの悩み

オーナー

賃貸物件のオーナーは、どのような悩みを抱えているのでしょうか?
ここでは、一般的に賃貸物件のオーナーが抱える悩みについて解説します。

空室が埋まらない

賃貸物件のオーナーが抱えやすい悩みの一つが空室問題です。
運用開始時に、空室について考えて対策を取っていたオーナーもいるでしょう。
しかし、予想より早く空室がでてしまった、空室数が改善されない、管理会社に依頼しても埋まらないなどの問題が解消できていないオーナーも多いです。
空室が埋まらない状態が続けば続くほど、家賃収入が減ってしまいます。
そのため、早急に空室対策を取る必要があるのでしょう。

入居者同士でトラブルが発生した

賃貸物件には、多くの住人が住んでいます。
周囲に迷惑をかけないように、一定の決まりを守りながら生活してくれる方がほとんどです。
その一方で、入居者同士や近隣住民とのトラブルを起こす住民もいます。
よくあるのが生活音や足音、声などのトラブルですが、それ以外にもゴミの出し方や分別方法、不法投棄などの問題も起こりやすいのが現状です。

もちろん、入居者とオーナー間で家賃滞納トラブルが起こる場合もあります。
これらのトラブルに関しては不動産会社との連携が必要ですが、問題の大きさに頭を悩ませているオーナーもいます。

賃貸管理会社のサポートがずさん

賃貸物件のオーナーになると、管理会社からのサポートや関係性が重要です。
賃貸管理会社の存在によって、オーナーの負担が軽減できます。
賃貸物件のオーナーからすれば、賃貸管理会社の存在はとても安心できるものとなるでしょう。
しかし、賃貸管理会社の選び方を間違えてしまうと、ずさんなサポートによって想像していた賃貸管理ができなくなります。
賃貸管理会社の選び方は、空室状況や家賃の振込状態にも関係する部分です。
選び方にも気を付けましょう。

キャッシュフローが悪化している

賃貸物件のオーナーを最も悩ませているのは、キャッシュフローについてです。
キャッシュフローはお金の流れを意味することですが、悪化してしまうと家賃収入では賄えない場合もあるでしょう。
キャッシュフローの悪化が続く場合、空室の長期化、家賃減額、毎月のローン返済、ランニングコストなどの見直しが必要です。

場合によっては、ローンの借り換えが必要となる場合もあるでしょう。

設備の故障で修理・交換に費用がかかる

設備の故障や修理が必要な場合、大きな出費となるでしょう。
特に中古物件を購入した場合は、修繕費などをできるだけ早めに用意しておく必要があります。
マンションでは、部屋内部の設備が10年~15年で寿命を迎えるので、早めの対応や準備が必要でしょう。

新築の賃貸物件でも突然の故障は起こります。
特に突発的なものとなれば予想外の修繕費用がかかりますが、設備によっては数十万円が必要になるケースも考えられるでしょう。
もし、設備の不具合で他の部屋に被害が出てしまうと、損害賠償請求される可能性もあります。

物件を売却できない

賃貸物件のオーナーとして運用してきたものの、赤字の継続、資金不足を理由に物件売却を検討することがあります。
また入居者退去や家賃減少をきっかけに、事業計画を見直して物件売却を視野に入れるケースもあるでしょう。
しかし、物件を売却したくても欲しいと思う人がいなければ売却できません。
特に、築年数の多い中古物件や空室になりやすい地域の物件は購入しても元が取れないと思われてしまいます。

このような理由から、物件を売却したくてもできない状態になります。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

6つの悩みに対する解決策

オーナー

賃貸物件のオーナーでよくみられる悩みを解消するには、どのような方法を取るべきでしょうか?
ここでは、悩み別に解決策をご紹介します。

空室が埋まらない問題

駅から近い物件で周辺にスーパーやコンビニがある場合、好条件だと思う方も多いでしょう。
また、中古物件でもリノベーション済みなら人気も高い傾向です。
しかし、それでも空室が埋まらない場合があります。

原因

空室の原因となりやすいのが環境と立地、建物の管理状態の悪化、専有面積が狭い、室内で空間が差別化されていない、賃貸管理会社の対応などです。
環境と立地に関しては周辺の環境が良いものの、建物の外観や周囲が清掃されていないと清潔な印象がありません。
最近では、エントランス部分のオートロックを気にする方も多くいるので設備の古さを気にすることもあります。
さらに、設備や間取りによって洗濯機置き場がないことも空室になりやすい原因です。
いくら単身用であっても、部屋が狭すぎれば入居したくないと思われがちです。

解決策

空室問題を解消するには、建物の管理状態を改善してみましょう。
環境は変えられませんが、建物の管理状態は変えられます。
他にも室内のレイアウト、賃貸管理会社の変更などは改善可能です。

外壁の塗り替え、リノベーション工事、洗濯置き場の増設など、他の建物との差別化を図ると空室対策できるでしょう。

入居者トラブル問題

入居者トラブルは、入居前に見抜くことが難しいです。
そのため、入居者が増えた結果起こることも多いでしょう。
迷惑がかからないよう生活を送る方もいますが、地域柄などによって入居者トラブルが生じるケースもあります。

原因

入居者トラブルの原因となりやすいのが、生活音、足音、声などの音に関するトラブルです。
入居者の生活サイクルにも関係しますが、夜行型の方がいると音が周囲に響きやすいでしょう。
神経質や音に敏感な方では、些細な物音が気になってしまうこともあります。
他にもゴミの分別方法、不法投棄など地域の方とのトラブル、入居者とオーナー間での家賃滞納トラブルも原因の一つです。

解決策

これらの入居者トラブルを解決するには、申し込み時の審査がポイントです。
周囲に気遣える生活が送れる、決まりを守る、家賃を滞納しない入居者を見極めることが重要になります。

入居してからマナーの悪さに気付くこともありますが、申し込み時で管理会社が入居者の審査を丁寧に行い、管理することが解決へと導きます。

賃貸管理会社の問題

賃貸物件のオーナーになると、管理会社との連携が重要になってきます。
きちんと連携が取れていない場合、いくつもの問題が生じてしまいます。

原因

賃貸管理会社の問題として挙げられるのは、入居者募集のスピード、物件情報の公開時期、物件のアピール力、家賃の振り込み遅延、入居者関連などの報告や連絡がないことです。
退去報告をしたにもかかわらず、いつまでも募集してもらえない、入居者募集サイトへの掲載をしない場合、思うような家賃収入を得られなくなります。
これにより、賃貸管理会社に対しての信用も失ってしまいます。

解決策

現在、入居者の約80%はインターネットで物件検索しています。
そのため、不動産会社のホームページや賃貸物件ポータルサイトへ早急な掲載が入居者獲得のポイントです。
ただし、入居者のニーズに合わせた掲載内容や写真の添付をしなければ、物件の魅力は伝わりません。
管理会社と賃貸物件のオーナーが信頼できる関係でいられるかどうかが重要になってきます。
空室対応やクレーム対応に加えて、収益改善や修繕計画など、幅広くサポートしてくれる管理会社に依頼するのが問題解決の近道です。

キャッシュフローの問題

賃貸物件のオーナーが抱える問題として、キャッシュフローがあります。
キャッシュフローが維持できないと、家賃収入で賄えないだけでなく、最終的には物件の売却も視野に入れなければなりません。

原因

キャッシュフローに関しての問題は、空室の長期化や家賃減額による収入減、毎月のランニングコストの多さ、入居率低下などです。
空室が埋まらない、入居率が低いなどの理由で、キャッシュフローが滞ってしまうことがあります。
さらに築年数が経過していくと家賃も下がっていき、その結果家賃収入の減少を引き起こすのです。
築年数が経過した物件では、年間のランニングコストも多くなり、結果的にキャッシュフローが残らなくなることもあります。

解決策

キャッシュフローに関する問題を解決するには、空室の長期化や家賃の見直しができるように、メンテナンスやリフォームを検討してみましょう。
継続的なメンテナンスの費用とリフォームの費用を比べた時、大掛かりな修繕をした方がキャッシュフローの改善ができます。
また、キャッシュフロー改善策として、ローンの借入金利についても確認してみましょう。
改善や見直しのために何ができるか考えると今後が見えてきます。

設備故障費用の問題

物件の設備が故障してしまった場合、大きな出費が問題になります。
マンションの設備に関しては、10年~15年を目安に寿命を迎えます。

また、新築であっても設備故障しない保証はありません。

原因

問題となるのは、設備が故障した際に予想外の出費が必要なこと、寿命を迎えた時に一斉に交換すること、予期せぬ故障が起こり得ることです。
設備故障の原因はすべて同じではありませんが、水回りの配管の劣化などで他の部屋にまで迷惑をかける場合もあります。

特に個人が所有しているパソコンや書類、漏水が確認された場合、被害額を負担しなければなりません。
予期せぬ不備から精神的、金銭的な負担を感じることもあるでしょう。

解決策

これらの問題を解決するには、設備故障が起こらないように定期的なメンテナンスの実施、突発的な問題に対応できる資金を用意することです。
リノベーション計画を早めに決めておき、大規模修繕の際に設備と配管の交換をするのも良いでしょう。
新築と同じようになれば資産価値が高まり、空室対策も可能です。

物件の売却問題

急な資金問題が起こったことをきっかけに、物件売却を考えることがあります。
しかし、物件の売却は簡単なものではなく、いくつかの原因によってうまくうかないことが起こるのです。

原因

物件の売却問題が起こる前に、どのような時に売却を検討するか考えてみましょう。
物件の売却を考える時は赤字の継続、資金不足などが主な理由です。

また、退去者の増加や家賃収入の落ち込みなども原因となりやすいでしょう。
このような状況が続き、早急に物件を売却したいと思ってもすぐに売れないことが問題となるのです。

解決策

もし物件の売却問題に直面したら、まずは賃貸オーナーになった理由について考えてみましょう。
理由については、資産運用や相続対策、年金対策や生命保険代わりなどが中心です。
これらの理由から、今売却すべきかどうかを考えることが大切です。
ローンが完済できれば、継続的に入る家賃収入で生活できます。
ローン返済の時点で厳しいと感じているのなら、繰り上げ返済で早期完済を目指したり、金利の見直しを行ったりするのが得策でしょう。

物件の売却で利益が出るなら、早期売却へ向けていくのもおすすめです。

INA&Associates株式会社

チャット、LINEにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!(対象地域:東京、神奈川県、埼玉県、千葉県) すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

賃貸オーナーの役割と関わる相手を再認識しよう

オーナー

賃貸オーナーは、このような悩みと常に向き合った状態でいます。
そのため、信頼できる相手や関わる相手を再認識することで、問題を解消できることもあります。
ここでは、賃貸オーナーの役割と関わる相手についてご紹介します。

賃貸オーナーの役割

賃貸オーナーは、どのような役割があるのでしょうか?
賃貸オーナーには以下の役割があります。

・入退去者の対応
入居者の募集、退去手続き、内見の立ち合い、入居審査、契約手続きなど

・既存の入居者対応
契約更新手続き、家賃回収、家賃滞納者への督促、苦情の対応など

・会計管理
入出金管理、帳簿への記帳、キャッシュフローの管理、確定申告など

・物件管理
共用部分の清掃、設備管理、修繕、建物付帯部分の修繕、交換業務など

主にこのような役割と業務があります。
オーナーだけではすべてを担うことはできないので、業者へ委託するのがおすすめです。

オーナーが関わる相手

賃貸オーナーは、どのような相手と関わることで悩みを解消しながら経営を継続させられるのでしょうか?

・不動産管理会社
不動産管理会社は、賃貸物件の管理業務を中心に行います。
入居者の対応や家賃回収代行、清掃など、管理範囲も様々です。
この内容に関しては、不動産管理会社との契約内容によって変わってきます。

・仲介業者
不動産オーナーと入居検討者を繋ぎ合わせて、契約を締結できるまでサポートするのが仲介業者です。
物件の広告掲載をして、興味を持っている人をオーナーに紹介します。
仲介業者に入居募集依頼をした場合、内見の手配や契約書の作成などもサポートしてくれます。

・サブリース会社
賃貸物件のオーナーから物件を借りて、第三者に貸し出すのがサブリース会社の仕事です。
入居者に関係なく、家賃から手数料を引いた金額をオーナーが受け取れます。
空室対策としても有益な方法でしょう。

・税理士、公認会計士
事業の経営をしている場合、会計サポートをしてくれるのが税理士や公認会計士です。
確定申告などの税務会計や業務のサポートまで幅広く対応してくれます。
記帳の確認も可能なので、経営の判断もしやすいでしょう。

・ファイナンシャルプランナー
保険や税金、不動産や相続などお金に関しての幅広い知識を持っているのがファイナンシャルプランナーです。
ライフプランに基づいて、キャッシュフローを分析してアドバイスしてくれます。
キャッシュフローの見通しを立てるのが困難な場合に頼れる存在です。

・リフォーム会社
建物のリフォームを依頼したい時に頼れるのがリフォーム会社です。
リフォーム専門もあれば、新築に対応しているところもあります。
賃貸物件の修繕、価値の向上、安心安全な生活を送れるようにサポートしてくれます。

・弁護士
法律の専門家なのが弁護士です。
日常で起こるトラブルを解消するために交渉や手続き、アドバイスをしてくれます。
賃貸オーナーが入居者トラブル、家賃滞納、原状回復費の負担割合などの問題に直面した時、代わりに法的な手続きや交渉をします。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

悩み別おすすめの相談先

オーナー

賃貸オーナーが抱える悩みは様々です。
悩みの種類が多いということは、相談先も多岐にわたると言えます。
続いては、悩み別に適した相談先をご紹介します。

空室問題

空室が多くなっている場合、どうやって入居者を募集すべきか、空室が継続してしまう状態を抜け出す方法はないのか、といった不安や疑問が生まれます。
そのような時は、管理業務を委託している管理会社に相談してみるのがおすすめです。
管理業務を行う中で、空室になってしまう理由のヒントや改善すべき点に関する意見を貰える可能性があるためです。
入居者を紹介してくれた仲介会社への相談も効果が期待できる方法として挙げられます。
仲介会社に広告料のアップと合わせて、入居者の募集をお願いできないか相談してみると良いでしょう。

入居者トラブル

入居者同士のトラブルや家賃滞納などのトラブルが発生している時は、管理業務を委託している管理会社へ相談し、対応してもらいましょう。
しかし、管理会社との契約内容によっては、対応してもらえない場合もあります。
そのため、どのような契約になっているのか、あらかじめ確認しておく事も重要です。
管理業務をオーナー自身が行っている場合は、トラブルが起こった時に対応しきれなくなってしまうパターンも考えられます。
そうなった時は、弁護士に相談するのが得策です。
何かあった時にすぐ対応してもらえるように弁護士と顧問契約を結んでおくのもおすすめです。

設備故障・建物の老朽化

築年数が経過すると、設備が故障してしまったり、建物の老朽化による不具合が生じたりします。
入居者から設備が故障してしまったので修理してほしいなどの依頼が来る場合もあります。
そのような時は、管理業務を委託する管理会社に相談し、対応してもらいましょう。
しかしこちらも、契約内容によるので確認は必須です。
オーナー自身が管理している場合は、オーナーがリフォーム会社に相談や修理依頼をすることになります。
管理会社に相談すると紹介料などが含まれるケースもあるので、オーナーもリフォーム会社に相談し、相見積もりをとってから依頼先を決めるとお得にリフォームできる可能性が高まります。

INA&Associates株式会社

チャット、LINEにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!(対象地域:東京、神奈川県、埼玉県、千葉県) すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

賃貸物件の経営で成功する人の特徴

家

賃貸物件の経営における悩みはつきものです。
しかし中には、悩みを感じさせることなく成功している人もいます。
一体どのような人が成功者になれるのでしょうか?
賃貸物件の経営で成功する人の特徴をピックアップしてご紹介します。

物件・管理会社を適切に選んでいる

賃貸物件の経営で成功している人は、物件や管理会社選びが適切であるケースが多いです。
投資用の物件を苦入する際、多くのデータを集め、複数の物件を比較することが重要になります。
競合となる物件や周辺の環境、入居者のニーズなどの情報は、オーナー自身の目で確認するようにしましょう。

立地条件は今後の経営を左右する要素なので、成功している人はチェックしています。
不動産は大きな買い物なので、何度も買い替えるのは現実的とは言えません。
そのため、入念な下調べは必要不可欠です。
さらに、管理会社選びも重要です。
どのような管理を行っているのか確認するため、実際の物件を見てみたり、空室率を調査したりします。
管理会社の売り文句を鵜呑みしてしまう人は失敗のリスクが高いので要注意です。
一任するのではなく、自分自身でもしっかりと調べることが成功の秘訣です。

無理のない資金計画を立てている

賃貸経営で成功している人は、無理のない資金計画を立てているという共通点もあります。
賃貸経営を円滑に進めるためには、初期費用の準備はもちろんですが、継続した資金計画も必要です。
購入時は新築だとしても、築年数が経過するとリノベーションなど大規模な修繕が必要のなるケースは珍しくありません。
そのような事態を予測し、5年後や10年後を見据えた資金計画を立てられるかどうかが肝になります。

長期的な計画を立てておかないと、大規模な修繕などが予想外の出費になってしまいます。
そうなると経営が立ち行かなくなってしまうので、想定した資金計画を練るようにしてください。
賃貸経営をしている中で、災害によるトラブルや家賃の滞納などのトラブルが起こる可能性もあります。
トラブルが起こった時に備えた資金計画を考えるという点も、円滑な賃貸経営を行うためのポイントです。

リスク対策を講じている

賃貸経営を行う上で、必ずリスクがついてまわります。
空室以外にも多くのリスクが考えられるためです。
例えば、基準金利の変動で返済額が増える金利リスクや災害で建物が損害を受けてしまうリスク、老朽化によってニーズが減少するリスクなどです。
リスクに対応するためには、トラブルが起こってから動くのではなく、あらかじめ対策しておく必要があります。
リスクはどのようなところに潜んでいるのか、リスクを最小限に抑えるためにはどうすればいいのか、などを考えている人は賃貸経営で成功しやすいです。

失敗してしまう人は、何か起こってから行動する傾向があります。
その都度対応することもできますが、リスクを加味した見通しを立てておかないとどこかで躓いてしまう可能性が高いです。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

賃貸オーナーが失敗しないために取り入れたいリスク管理

オーナー

賃貸オーナーになったら、誰もが失敗したくないと思うものです。
失敗しないためには、リスク管理が重要になります。
そのためには、賃貸オーナーとして身に付けておきたいリスク管理を確認しておきましょう。

税金について理解する

賃貸オーナーとなって不動産所得を得ている場合、所得税と住民税の課税対象になります。
不動産を取得した後は、不動産所得税や印紙税、登録免許税なども支払わなければいけません。
さらに、固定資産税も毎年納税することになります。
税金の中には、特例による軽減措置が適用になるものもあります。
どの税金をどのタイミングで支払うのか、軽減措置が適用になる税金はどれか、などをしっかり確認しておきましょう。

早期に売却することを恐れない

賃貸物件を所有していると、様々な費用や税金などランニングコストがかかります。
そのため、キャッシュフローが期待できないと感じる場合は、早期売却も検討する必要があります。
物件を取得してから間もないと売却を躊躇してしまうオーナーも多いです。
しかし、利益が得られない物件を保有し続けてもダメージが大きくなるばかりです。
ダメージを少しでも軽減するには、早期売却を恐れない姿勢がポイントになります。

売却益が期待できるケースでは、赤字分を差し引いたとしても黒字になる可能性があります。
少しでも高値で売却できるように、タイミングを見計らうことも重要です。

コスパの良い賃貸管理会社を選ぶ

賃貸経営を円滑に行うためには、管理費を抑えることも意識すべきポイントです。
管理費などのランニングコストを見直すことにより、キャッシュフローの改善が望めるためです。

管理会社に業務を委託するのであれば、コスパの良いところを選ぶようにしましょう。
安くてサービスが充実している管理会社に委託できれば、コストカットにつながります。
時間の余裕がある場合は、オーナー自身が管理を行うのもおすすめです。

自主管理を選択すると、管理会社への委託費用をごっそりと削れるので、大幅なコストカットが実現できます。

家賃を定期的に見直す

家賃の定期的な見直しも、リスク管理として効果的です。
入居者希望者が現れない理由の1つに、家賃が相場よりも高いといった点が挙げられます。

もしも家賃の見直しをしていないなら、これからは定期的に見直すようにしましょう。
見直しを行う際は、周辺の競合物件の家賃と比較すると相場に合わせた家賃を設定しやすくなります。
周辺の物件と比べた時にあまりにも高い場合は、家賃を下げることを前向きに検討するのがおすすめです。

自主的に客付けを行ってみる

入居者の募集を仲介会社に依頼しているのになかなか集まらないというケースも珍しくありません。
そのような悩みを解消するには、オーナー自身が自主的に客付けを行ってみてください。
多くの人に所有物件の存在を知ってもらうために、InstagramやTwitterなどのSNS、YouTubeなどを活用するといった方法があります。

また、賃貸オーナーと入居希望者のマッチングサイトなどを利用するのも良いでしょう。
仲介会社からの情報だけに頼るのではなく、オーナー自身が動くことで成果が得られる可能性も多いになります。
様々なツールを活用して入居者を募ってみると、スムーズに空室が埋まりやすくなります。

INA&Associates株式会社

チャット、LINEにてお部屋探しが出来る点が特徴。仲介手数料は賃料0.5ヶ月分!(対象地域:東京、神奈川県、埼玉県、千葉県) すまいをもっと自由に、もっとたのしくタウンマップ!

オーナーの悩みを解消するための勉強法

勉強

賃貸オーナーが抱える悩みを解消するためには、知識を身に付けることもポイントになります。
最後に、オーナーの悩みを解消するための勉強法にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

本から知識を取り入れる

賃貸オーナーになったばかりの人は、まずアパート経営や投資に関する基本的な知識を身に付けるようにしましょう。
そのためには、本を読むのがおすすめです。
概念や体系を把握しておくと、細かい部分も理解しやすくなっていきます。
不動産投資初心者の人におすすめしたい本は、『世界一やさしい不動産投資の教科書1年生』です。

この本を読むと、不動産投資の基本から安定した運用を実現するための方法まで幅広い知識を得られます。
専門用語が多い本とは違って分かりやすさに特化している点も、魅力だと言えるでしょう。

不動産投資会社からもらった資料で勉強する

賃貸経営や投資に関する基本的な知識が身に付いたら、不動産投資会社に資料請求してみましょう。
最初のうちは難しいと感じてしまうかもしれませんが、知識が身に付いていくと楽しいと感じられるようになります。
そうなってきたら、より現実的な知識を学ぶため、不動産投資会社の資料を読んでみてください。
資料の内容は会社によって書いてあることが異なるので、いくつか見比べてみるとより勉強になるでしょう。

不動産経営のセミナーに参加してみる

本や資料などをチェックすると基本的な部分が身に付きます。
ある程度知識を学べたら、不動産経営のセミナーに参加してみるのもおすすめです。
素人が手に入れられる情報には限界があるので、プロの力を借りるとより知識が深まっていきます。

自分では理解しきれなかった部分を解消できる可能性もあるので、セミナーへの参加も前向きに考えてみてください。
セミナーの中には無料で参加できるものもあります。
情報の価値が見出せないうちは、無料のセミナーから参加してみると良いでしょう。

先輩の経営者に相談してみる

周りに先輩経営者がいる場合は、相談してみるという方法もあります。
リアルな経営者の声を聞くことにより、不動産投資会社から教えてもらえないような失敗談やトラブルなどを知れる可能性があるためです。
賃貸オーナーならではのあるある話などを聞くことにより、どのようなリスクがあるのか、どのような対策が効果的なのかなどをより深く理解できます。

それが賃貸オーナーならではの悩み解消につながるケースも珍しくありません。
もし周りに先輩経営者がいない場合は、不動産投資会社に紹介してもらえないか聞いてみるのも良いでしょう。

不動産関連の資格を取得してみる

不安や悩みを解消するため、不動産関連の資格を取得するのもおすすめです。
不動産関連の資格の中で特におすすめしたい資格をいくつかご紹介します。

・宅地建物取引士
宅地建物取引士は、「宅建」と呼ばれている資格です。
不動産を買いたい人に対して物件の情報や取引条件などの重要事項を伝える際に役立ちます。
不動産取引は高額になるので、不当な契約を結ぶと消費者が甚大な不利益を被る恐れがあります。
そのため、法律に基づき、宅地建物取引士しか取引ができないと定められているのです。
契約や不動産に関する法律などを学べるので、賃貸経営や投資にも役立つでしょう。

・賃貸不動産経営管理士
賃貸不動産経営管理士は、賃貸アパートやマンションなどの管理に関する知識や技能、倫理観を持つ専門家です。
この資格を持っていると、管理業務委託の契約や入居者の募集、建物の維持管理など不動産管理に関連する実務に関わる知識があると認めてもらえます。
不動産経営を行う上で最も役に立つ資格だと言えます。

賃貸オーナーとして円滑に事業を行いたいのであれば、このような資格の取得も前向きに考えてみてください。

まとめ

賃貸物件のオーナーという夢を叶えたけれど、思っていたような経営ができないといったケースも珍しくありません。
空室リスクや入居者同士のトラブルが起こるリスクなどは賃貸経営においてつきものです。
様々なリスクが起こる原因や対策を把握したり、万が一に備えた準備をしたりすると、悩みを解消しやすくなります。
そのためには、本を読んだり、資格を取得したりして、知識を深めておくことがポイントになります。
知識を深め、様々なトラブルに対応できる自信がつけば、不動産経営で感じていた不安や悩みも解消されるでしょう。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. 不動産相続のための遺言書はどう書く?書き方のルールや注意点を解説

  2. 賃貸物件に独立洗面台を後付けするには?メリット・デメリットやおすすめの洗面台をご紹介

  3. マンションの空き駐車場を活用したい!おすすめの方法&サービスをご紹介

  4. アパートの外壁塗装はいつ行うべき?タイミングや費用相場、起こり得るクレーム問題を解説

  5. 空室対策にも効果あり!賃貸アパートにTVモニター付きインターホンを設置しよう

  6. 入居者満足度に直結!アパート共用部の重要性とは?ありがちなトラブル対処法もご紹介!

  7. アパート経営における地震への対策方法まとめ!耐震性能や保険について理解しよう

  8. ガスコンロの耐用年数は何年?賃貸物件におけるガスコンロ交換&対処方法

  9. 騒音のトラブルが発生!問題の入居者を退去させることは可能?

  10. 賃貸物件のオーナーにみられる悩みとは?問題の原因&解決策をご紹介

TOP