不動産業界で働きたい!志望動機のコツなどを知って内定を手に入れよう!

人の生活に欠かせない「住まい」に携わる仕事を通し、様々な人たちに感謝される不動産業界で働きたいと考えている人はいませんか?
基本的に未経験や無資格でもチャレンジしやすい職種で、転職を機に不動産業界で働く人もなかにはいます。
仕事で得た知識は自分の生活にも活かすことができ、魅力あふれる仕事だと感じるでしょう。
そこで今回は、不動産業界で働きたい人に向けて、どういった人材が求められているのか、評価してもらえる志望動機やその例文について解説していきます。
就職や転職を成功させたいと考えている人は参考にしてください。

Contents

不動産業界ではこんな人材が求められる!

不動産

まずは、不動産業界で求められる人材についてみていきましょう。
自分が当てはまる人間であるかチェックしてください。

コミュニケーション能力が高い

お客様はもちろんのこと、建物を所有しているオーナーや管理会社といった人たちとも関わりを持ちます。
会話を繰り広げながら信頼を勝ち取る必要があるため、コミュニケーション能力の高さは必須となるでしょう。
人見知りであれば、誰とでも打ち解けられるような人になるための努力が欠かせません。
また、年上の人と接する機会が多いことも特徴です。
知識や教養がないと失礼な言動や態度をとってしまう可能性もあるので、基本的なマナーを覚える必要があるでしょう。

向上心のある人物

どの業界でもいえることなのですが、不動産業界では特に向上心のある人物が求められています。
その理由としては、契約数や売上といった数字で評価される職種だからです。
そのため、結果を出すことを目標にしている、稼ぐことを目的にしている人にとって働きやすいといえるでしょう。
ただし、結果が重視されることからメンタル面の強さも求められます。
精神力の高さにも自身があれば、不動産業界でも長く生き残れる人物となるでしょう。

頼りにされる人物

住宅や土地を買うことは人生において大きな決断です。
その決断に立ち会ってもらう人物は、信頼できる人でなければ難しいと誰もが考えるでしょう。
そのため、不動産業界で働くなら周りから頼られる存在であることをアピールする必要があります。

お客様の立場になって考える力を持っている人物

住宅や土地を提案する際、利益だけを考えても契約を取ることは難しいです。
お客様によって要望には違いがあるため、一人ひとりに合った最適な住宅や土地を提案する必要性があるでしょう。
お客様目線で物事を考える能力が大切となります。

語学力がある

不動産を借りる、購入しようと考える人は日本人だけではありません。
日本に住んでいる、これから住もうと考える外国人がお客様として来店するケースは増えてくる可能性もあるでしょう。
その場合、英語だけではなく中国語など、語学が堪能な人物であれば活躍できると考えられます。
特に世界進出を考えている企業や世界進出をしている企業は、語学が堪能な人物を積極的に求めている可能性もあります。

企業が求める人物像を知ることも重要!

不動産会社によってそれぞれ求めている人物像には違いがあるでしょう。
上記でご紹介した求められる人材は、あくまでも業界全体での話です。
そのため、企業によってはまったく違う人材を求めている可能性もあります。
どういった人材が欲しいのか、企業説明会やインターンに参加して企業研究をして分析する必要があります。
実際に働いている社員の雰囲気や社員の想いを知ることも役立つので、働いている様子を見学できる場があれば積極的に参加し研究を進めていきましょう。
実際に社員と話をする場があることで、より企業について知ることができます。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

志望動機を書く時に押さえておくべきポイント

履歴書

就職や転職時には採用担当者の頭や心に残るような志望動機を作成することで合格を目指せます。
希望の職種に就くためにも、志望動機を書く際に押さえるべきポイントをいくつか解説していきましょう。

どうして不動産業界で働きたいか明確にする

なぜ不動産業界で働きたいのか、その理由を明確に記しましょう。
理由によっては、ほかの業界でも良いと判断されるケースもあり、マイナスな印象を持たれる可能性もあります。
住宅や土地といった不動産に関する言葉をからめて採用担当者にアピールすると、不動産業界で働きたい意欲を伝えることができるでしょう。

志望している企業でなければいけない理由を明確にする

不動産業界といってもそれに関連する企業は複数存在します。
「そのなかからなぜ自分の会社を選んだのか」その理由を企業は知りたいでしょう。
企業ごとに特徴や強みがあるので、志望している企業でなければいけない理由を志望動機に挙げ、「入社したい」という強い思いをアピールしてください。
そのためにも、企業研究を行うことは重要です。
ホームページや企業見学などを通してしっかりと研究をしていきましょう。

就職後、どのように貢献できるか明確にする

もし合格し就職した際に、自分がどのように企業に貢献できるか明確にすることも重要です。
意欲がなければ働き続けることはできませんが、それに伴う能力も必須です。
能力がないとなると貢献できない人物と判断されてしまいマイナスな印象を持たれてしまうでしょう。
入社をしてどんな仕事をしたいのかアピールするだけではなく、どう貢献する予定なのかを具体的に記してください。
具体的であれば仕事に対する理解力があると判断できる材料にもなるので、魅力のある人材であるとアピールできます。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

未経験者がチェレンジする場合のアピールポイント

面接

不動産業界は未経験でもチャレンジしやすい業界です。
そのため、転職で新しく挑戦したいと考える人もいます。
その場合、どういった部分をアピールすれば良いのでしょうか?

熱意を伝える

特化したスキルがない場合、不動産という業界のなかで働いていけるのか不安に感じることもあるでしょう。
しかし、ネガティブになっていてはマイナスな印象を与えてしまいます。
未経験者を募集している不動産会社は多いので、やる気をアピールすることで歓迎される可能性は大いにあるでしょう。
働く熱意があることを全面的にアピールすることで、やる気を伝えることができます。
その際には、どういった仕事に就きたいのか、どういった成果を出したいのかなど、真剣に働く意思を伝えることも重要となるでしょう。

これまでの経験が活かせることをアピールする

不動産に関して未経験であっても、これまでの人生において身に付けた知識は必ずあるはずです。
その内容を志望動機に組み込むことで説得力を与えることが可能です。
例えば、飲食業や接客業を経験してきた場合、コミュニケーション能力を培ってきた経験を持っています。
旅行会社から転職する場合も、お客様の希望に見合う観光先や宿泊先を提案してきた経験を住宅の賃貸や販売で活かすことが可能です。
説得できるような内容を見出し、志望動機に組み込んでみましょう。

アピールできる部分を作ることも可能

「自分には積極的にアピールできる部分がない」と感じているのなら、自分自身でアピールポイントを作り不動産業界で活躍していくこともできます。
不動産業界は、基本的に無資格でもチャレンジできます。
しかし、資格を持っていることで有利になるケースもあるでしょう。
例えば「宅地建物取引士」です。
宅建士を目指せる資格で土地や建物に関する知識を接客で活かすことができるのです。
企業によっては、資格手当がつくこともあります。
「ファイナンシャルプランナー」も不動産業界で役立つ資格のひとつです。
資金計画を立てるための資格となり、住宅ローンや税金、相続に関する知識を持っていることでお客様に対して分かりやすく説明ができます。
信頼を獲得することにも役立つでしょう。
このほかにも、「インテリアコーディネーター」は住宅購入を検討しているお客様に対して希望に見合うようにインテリアのアドバイスができます。
素材が持っている機能や設備に関する知識など、幅広い知識を有しているので、スキルを活かすことで頼られる存在となります。
様々な資格がありますが、簡単に取得できるわけではありません。
しかし、不動産業界に働きたい強い思いがあることで、資格取得を目指すことができます。
志望動機でも勉強中であることを伝えることで、意欲的な人物であるとアピールできるので、スキルがないことで不安を感じているのなら、資格取得を検討してみましょう。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

不動産業界の会社にはこんな志望動機がおすすめ

不動産

実際に志望動機には、どんな内容を盛り込めばいいのでしょうか?
採用担当者に好印象を与えるためにも、盛り込みたい内容について詳しくご紹介していきます。

企業研究を入念にしてきたことを盛り込む

企業が欲しい人材を知るため、企業の特徴や強みを知るためにも、企業研究をするでしょう。
志望動機では、企業研究を入念にしてきたことを盛り込むことで、やる気を伝えることが可能です。
人生において大半を過ごす場所であり、安心して生活をするためには欠かせない場所でもある住まいをお客様に提供する仕事を通し、希望している企業であればどういった特徴や強みを活かして活躍できるのか、詳しく記していきましょう。

実体験を盛り込む

不動産業界になぜ興味を持ったのか、そのきっかけを実体験を盛り込み、記載してみましょう。
例えば、実家の家づくりの際に担当してもらった営業マンとのエピソードや、一人暮らしをするにあたって担当してくれた営業マンとのエピソードなど、親身な対応をしてくれたことで強く印象に残っているなどと記すことで、興味を持った理由を伝えることができます。
実体験があることで夢を持って就職活動や転職活動ができる喜びを採用担当者にアピールできるでしょう。

貢献したいという思いを盛り込む

入社できたら、誰もが企業に貢献したいと思うはずです。
その思いを志望動機に盛り込みましょう。
例えば、不動産業界では「街づくり」にも貢献できます。
開発を担当できれば、学生時代に活かした調査や研究を活かして街づくり、そして社会に貢献できるなど、自身が学んできた内容なども交えながらアピールすることで貢献できる人物であると印象付けることができます。
強くアピールできればイメージも良くなるでしょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

不動産業界で評価してもらえる志望動機の例文

採用

どういった志望動機を記載すればいいのか分かったとしても、実際に文章にすることが難しい場合もあります。
採用担当者に伝わる内容でなければ、印象付けたり評価してもらうことができません。
ここからは、実際に志望動機を書く際に参考にできる例文をご紹介していきます。
志望動機を記載する時に大いに役立ててください。

実体験を盛り込んだ例文

実体験を盛り込むことで不動産業界に興味を持っていることを強くアピールできます。
志望した動機に関して、これまでの経験のなかから体験したことを記していきます。

「学生時代に自分が住んでいる地区の都市開発が行われ、生活がより豊かになりました。
生活スタイルが便利になったことで、幅広い世代の人々の生活が充実し都市開発の魅力を知ることができ、不動産業界に興味を抱くことができました。」

「大学入学とともに一人暮らしを始めることになり、住宅を決める際に担当者の方に大変お世話になりました。
厳しい予算があるなかで、希望に近い物件を探そうと必死になり努力してくれた姿が印象的で自分も人の役に立つ仕事をしてみたいと不動産業界を志望しました。」

など、これまでの人生のなかで不動産業界から受けた魅力や実体験を盛りこむことで、興味を抱いた理由を示すことができます。

自分自身の強みを盛り込んだ例文

不動産業界において欠かせないスキルのひとつである「コミュニケーション能力」をアピールするための例文をご紹介します。

「御社では建売住宅や注文住宅に強みがあり、なかでもファミリー層に定評がある機能性豊かな住宅を提供することに強みがあります。
私は、高校時代から大学時代にかけて接客業のアルバイトをしており、様々なお客様と触れ合いながらコミュニケーション能力を築いてきました。
その能力を活かして、お客様にとって重要となるニーズを汲み取り、最適な住宅を提案することで、御社で活躍したいと考えています。」

アルバイトの経験からコミュニケーション能力を培ってきた経験があることを伝えています。
希望している企業の強みや特徴を交えることで、企業研究をしてきたことも伝えられるでしょう。

価値観が合致することを盛り込んだ例文

希望している企業でないとダメな理由を志望動機でアピールする際の例文は以下の通りです。

「御社では、お店を開業するにあたっての心配事の相談にも乗っていると伺っています。
手厚いサービスがあることで、多くの人たちに役立っていると考えられますが、これは私が掲げている人生の目標でもある「人のために役立つ人間になる」と同じなので、御社であれば意欲を高めながら働き続けられると思い志望しました。」

自分の価値観や目標と似ている点をリンクさせることで、志望している企業でなければいけない理由を明確にできるでしょう。

資格を活かせるという内容を盛り込んだ例文

不動産業界では資格を持っていることで評価されるケースもあります。
自身にも活かせる資格があれば、アピールに役立ててみましょう。

「学生時代に趣味でインテリアコーディネーターの資格を取得しました。
自分の部屋や知人の部屋をおしゃれにすることが好きで、定期的に資格を活かしてコーディネートしています。
不動産業界であれば、この資格を活かしながら満足度の高いプロデュースができると思い業界に興味を持ちました。」

持っている資格に加えて、なぜ不動産業界で働きたいのかという理由を説明することも可能です。

未経験者の例文

未経験者であれば、やる気や意欲を全面的にアピールすることが大切です。

「住まいは生きるうえで欠かせないものの一つであり、私もこれまでにお世話になってきました。
その際、親身になって対応をしていただき、安心できる住まいを見つけることができました。
経験こそありませんが、今後勉強を進め、採用していただいた際には迅速に多くのことを学んでいき、戦力になれるよう尽力したいと考えています。」

などと、様々なことを吸収できる人物であることをアピールします。
もし、資格取得を目指しているなど、不動産業界で役立つスキルを学んでいる段階であれば、その点についても積極的にアピールすれば魅力を与えることにつながります。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

あまり魅力的ではない志望動機

不動産

採用担当者に自身をアピールし、企業に役立つ人間であることを伝える必要がありますが、書き方によってはその魅力を伝えることができません。
ここからは、魅力的に見えない志望動機の書き方をご紹介していくので参考にしてください。

結論から書いていない

志望動機を記す際には構成を考えてから記載する必要があります。
相手にとって読みやすい文章にするためにも、必ず結論から書くようにしましょう。
結論を書いた後には、それを裏付ける根拠やエピソードを記載します。
そして最後に貢献できる部分をアピールし、志望している企業でなければ目的を達成できない旨を伝えます。

構成をしっかりと守り記載することで読みやすい文章にすることができるでしょう。

不動産業界に関する内容が含まれていない

不動産業界で働きたいにも関わらず、不動産業界に関する内容が含まれていないのであれば、「違う分野でも良いのではないか」という印象を与えてしまいます。
ただ単にコミュニケーション能力があることをアピールしても、接客業やサービス業に従事してそのスキルを活かすことはできます。
なぜ不動産業界でなければいけないのか、その理由を伝えるためにも、都市開発や住まいなど、関連するワードを組み込みながら志望動機を作成していきましょう。

どの企業にも当てはまる内容になっている

読みやすい文章、スキルを持っているアピールなど、様々なポイントがありますが、「志望している企業でなければいけない理由」を明確にすることも大切です。
不動産業界に興味を持っているだけでは、「ほかの企業でも十分なのではないか」と判断されてしまいます。
企業研究をしっかりと行い、その企業で自分の目標が達成できる、貢献できることをアピールしていきましょう。

一貫性のある内容

一貫性のある内容でないと採用担当者はブレを感じるでしょう。
例えば、不動産業界の仕事がしたいと力強く書かれているにも関わらず、事務に関するスキルを持っているから活かせるなどの内容は、違和感を与えます。
不動産事務の採用を行っている場合はアピールポイントとなりますが、それ以外の職種を募集している場合は、アピールにはなりません。
「事務として働きたいならほかの企業で働けばいい」と判断されるケースもあるので、気を付けましょう。

待遇面についての内容が多い

働くのであれば、給与の多い企業や残業の少ない企業で働きたいと考える人もいるでしょう。
プライベートも大事にしたい人は多いので、休日出勤のない企業を希望する人もいます。
こうした待遇面に関しては、志望動機で触れない方がいいでしょう。
「待遇だけを気にして応募してきた」と判断され、マイナスなイメージを持たれてしまいます。
たとえ知識や技術を持った人物であっても不安を与えてしまえば採用される可能性は低くなってしまいます。
志望動機では自分をアピールすることや貢献できることなどを提示するようにしてください。

学びたいという意欲を見せすぎる

真面目に働く意欲を持っている人物は企業にとって魅力が高いです。
企業でも独自に資格取得制度や勉強会の実施など、従業員のスキルアップに力を入れているところが多くなっています。
そういった企業に就職すれば、未経験であっても学べるチャンスが多くあるのでメリットが大きいでしょう。
しかし、なかには「受け身な人物」だと捉えられマイナスな印象を持たれるケースもあります。
成長することは良いことですが、勉強をするためだけに会社に行くわけではないので、利益貢献できる人物であることを積極的にアピールしていきましょう。

まとめ

不動産業界で働きたい人に向けて、求められている人材や志望動機を書く際のコツをご紹介してきました。
なぜ不動産業界で働きたいのか、なぜその企業で働きたいのか、その思いを明確にして貢献できる人材であることをしっかりとアピールする必要があります。
文章をまとめることに苦労するでしょうが、結論から書くなど、構成をしっかりと考えて読みやくなるよう工夫することも重要です。
上記を参考に、採用担当者の印象に残る志望動機を作成できるよう役立ててください。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. シェアキッチンとは?不動産投資にも活用することができる?

  2. 不動産を購入するなら地面師の詐欺に要注意!

  3. 不動産を売却する際に知っておくべきポイントや不動産売却のステップについて

  4. 不動産の売買をするなら、仲介手数料について知っておこう

  5. アパートなどの不動産を借りるなら車庫証明について知っておこう

  6. 東京で不動産投資をするなら…成功させるためのポイントを知っておこう

  7. オフィス移転で注意すべきこととは?賃貸借契約締結のステップも合わせてご紹介!

  8. 不動産業界で働きたい!志望動機のコツなどを知って内定を手に入れよう!

  9. 不動産企業を立ち上げたい!開業の方法などをご紹介!

  10. ベンチャー企業のオフィス移転!不動産会社選びのポイントなどをご紹介!

TOP