賃貸物件を探したい!繁忙期や理想の部屋に出会うポイントなどをご紹介!

賃貸物件を探したいと考えている場合、時期によって物件の借りやすさや選びやすさが違うことをご存じでしょうか。
不動産業界では繫忙期と閑散期が存在し、これによって物件情報数や初期費用などが異なるケースが多くなります。
少しでも良い条件で賃貸物件を探したいと思うなら、不動産会社の状況を把握した時期に探すのがおすすめです。
今回は、賃貸物件選びの際に知っておきたい繁忙期や閑散期の内容や、理想の部屋に出会うためのポイントについて紹介します。
この記事を参考にして、理想の賃貸物件を探してみましょう。

賃貸物件を探すなら繁忙期と閑散期について知っておこう

賃貸

様々な業界で使用される「繁忙期」と「閑散期」は、不動産業界でも用いられる言葉です。
1年を通じて繁忙期と閑散期が訪れますが、どの時期が繁忙期、閑散期となるのでしょうか?
ここでは、繁忙期と閑散期の内容や違いについて説明していきます。

繁忙期、閑散期とは?

繁忙期は忙しい時期を表す言葉であり、業界によって繁忙期は異なります。
一方の閑散期は、仕事が忙しくない時期のことです。
不動産業界では一般的に1月~3月くらいまでの時期が繁忙期となり、閑散期は6月~8月頃となっています。
賃貸物件を扱っている場合は、9月~10月の時期も繁忙期となります。
繁忙期となる1月~3月頃は卒業や入学、就職や転勤などの時期が重なり、引っ越しをする方が多くなるのが理由でしょう。
9月~10月の繁忙期は企業の異動シーズンとなるため、利用する人が増えてきます。
一方、6月~8月頃の閑散期は春の引っ越しシーズンが落ち着き、物件探しをする人が少なく、梅雨や猛暑などにより引っ越しにくいことで減少傾向になっています。

不動産会社の繁忙期と閑散期の動きは以下の通りです。

【不動産業界の1年】

◎1月~3月
卒業や進学、就職や異動などに向けて、入居や退去など賃貸物件の動きがある時期です。
1年の中で最も物件が動く繁忙期となります。

◎4月~5月
繁忙期が落ち着きつつある頃ですが、繁忙期を避けていた方が部屋を探したり引っ越したりします。

◎6月~8月
繁忙期の慌ただしさが落ち着いている時期であり、利用する方は物件選びがゆっくりできる時期です。

◎9月~10月
企業は春と秋に転勤や異動を行う所があるため、転勤で物件探しをする方が増えます。
春ほどではありませんが、第二の繁忙期と呼ばれているのがこの頃です。

◎11月~12月
第二の繁忙期も落ち着いてきた時期です。
この頃不動産会社は、新たな物件探しや情報を集めることを中心にしています。

不動産業界は繁忙期と閑散期が交互に訪れ、集中的に忙しくなる時期があります。
これによって、取り扱っている物件の多さや種類も変わってくるでしょう。

繁忙期と閑散期の違い

繁忙期と閑散期が定期的に訪れることがわかりましたが、繁忙期と閑散期ではどのような違いがあるのでしょうか?

◎物件数の違い
繁忙期と閑散期では、取り扱っている物件数に違いがあります。
特に1月~3月は引っ越しによる賃貸物件の退去も多く、空室情報も増えていく時期です。
また、春の時期に合わせて新築のアパートやマンションを完成させることも多いため、物件数は他の時期と比べても増える傾向です。
しかし、空室情報が多すぎて掲載しきれない不動産会社もあります。
実際に足を運んでみると、新たな物件に出会える可能性があるのも繁忙期と閑散期の違いでしょう。

◎入居にかかる費用の違い
繁忙期と閑散期では、入居に必要な費用が変わってくる場合もあります。
1月~3月の繁忙期に埋まらなかった部屋は、次の繁忙期が訪れるまで空室になる可能性が高くなります。
そのため、賃貸物件のオーナーは入居に関わる費用として家賃を下げたり、礼金をなしにしたり、入居しやすい条件に変更する場合もあります。
全ての物件が安くなる訳ではありませんが、1月~3月の繁忙期に比べて6月~8月の閑散期の方が初期費用もかかりにくい可能性が高いでしょう。
また、引っ越しに関する費用も繁忙期に比べて閑散期の方が抑えられる傾向です。
引っ越し会社にも閑散期や繁忙期があり、時期によって料金設定が異なります。
不動産業界と引っ越し業界の繁忙期と閑散期は重なりやすく、繁忙期の引っ越しは通常の1.5倍程度になるだけでなく、引っ越しの手配すらできない場合もあるでしょう。
一方の閑散期は引っ越しにかかる料金も安く、手配もしやすくなっているため、入居にかかる費用を抑えられるということです。

◎選びやすさの違い
繁忙期は、多くの物件の中から選ぶことができますが、閑散期は既に引っ越しした後の時期になるため、物件数も少なめです。
残り物のような印象になりがちですが、いくつかの物件の中からじっくりと好みの物件を探すのに適しています。
繁忙期は、気に入ったら即決しないと他の人に決められてしまうような焦りを感じやすいだけでなく、内見も短時間で済ませがちです。
一方の閑散期は丁寧に内見して選びやすいため、物件の特徴や良さを感じやすいのも特徴でしょう。
また、閑散期の方が不動産会社も内見の時期や時間の都合が付けやすいので、希望も聞いてもらいやすいです。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

閑散期に物件探しをするメリット・デメリット

引っ越し

不動産業界には繁忙期と閑散期があり、それぞれ動きや違いがあることが分かりました。
不動産業界の繁忙期や閑散期は、賃貸物件を探す側にメリットになる部分もあればデメリットになる部分もあるでしょう。
ここでは、繁忙期と閑散期に物件探しをするメリットやデメリットは何かについて紹介していきます。

メリット

閑散期の物件探しによるメリットは以下の通りです。

◎コストを抑えられる
不動産業界の閑散期は引っ越しをするケースが少ないため、物件の動きもにぶくなりがちです。
また閑散期まで残ってしまった賃貸物件は、次の繁忙期まで借り手がいない状態が継続しやすく、オーナーは借り手がいなければ収入を得ることはできません。
そのため、少しでも借りやすいように閑散期には敷金や礼金がない物件が出てきたり、不動産会社で入居がお得になるキャンペーンが開催されたりします。
閑散期には、賃貸物件探しに有利な条件も多く、コストを抑えられるメリットもたくさんあるということです。

◎じっくりと選べる
賃貸物件の動きが激しいのは1月~3月の繁忙期であり、動きの激しさは競争率となるため、気に入った物件をいくつも比較しているとあっという間に他の入居者に決まってしまったというケースも少なくありません。
しかし、閑散期は賃貸物件の入れ替わりもゆっくりなので、気になる物件を比べてからじっくり選びやすいでしょう。
そのため、好みの部屋や納得できる賃貸物件にも出会いやすく、様々な部分を比較して納得してから契約することができます。

◎交渉しやすくなる
繁忙期は、とにかく賃貸物件が早い者勝ちのような状態で契約されていきますが、繁忙期は一気に賃貸物件の契約ペースが落ち着いていき、残った物件は次の繁忙期が来るまで入居者が決まらないというケースも少なくありません。
このような事情により、少しでも早く借りて欲しいと思うのが本音ということになり、入居にあたって必要となる初期費用や家賃交渉がしやすくなっています。
交渉に応じるオーナーもいれば、応じないケースもありますが、交渉しやすいのはこの時期です。
初期費用や家賃以外にも古くなったエアコンやトイレ、給湯器などの水回りの交換などの設備交換などを交渉してみるのもよいでしょう。
それでも借りてくれるならと交渉に応じてくれるのも、閑散期ならではのメリットです。

◎不動産会社の接客が丁寧
閑散期は繁忙期に比べて、他のお客さんが少ないです。
そのため、不動産会社の対応も丁寧な傾向となります。
不動産会社の方も常に丁寧な接客は心掛けていますが、繁忙期は細かなスケジュールによって対応しきれないケースも少なくありません。
一方の閑散期は時間にゆとりができやすいため、賃貸物件に対しての細かな説明などの対応してもらいやすいです。

◎フリーレント可能なケースもある
フリーレントとは、一定期間の家賃が無料になる契約のことです。
この期間は物件やオーナーによって様々ですが、1ヶ月程度無料期間を設けているケースが多いようです。
このフリーレントは、引っ越しの初期費用として負担が大きくなるものを軽くしようという狙いがあり、敷金や礼金、前住居の家賃負担の軽減などの目的により行われているものとなります。
一定期間無料で賃貸契約したから、今後のデメリットになる部分があるのではないかと思われがちですが、借り手にはこのような負担はないので安心して借りられます。

デメリット

閑散期に物件探しをするメリットはいくつもありますが、デメリットになる部分もあるのでしょうか。
ここでは、閑散期に物件探しをするデメリットについて説明します。

◎条件に合う物件が見つけにくい
繁忙期は退去する人が多いので人気物件が空室になることもあり、求めていた物件が見つかりやすいです。
一方の閑散期は、求めている条件次第で合わないものばかりだと感じることがあるでしょう。
言い方を変えれば残り物のような状態なので、部屋と家賃のバランスが悪かったり部屋の条件が納得できなかったりと、なかなか求めている賃貸物件に出会えずに時間だけが過ぎていくこともあります。
複数の物件を比べて決めたいという場合、閑散期の物件数に納得できず、決め切れないという可能性もあるでしょう。

◎新築物件はほとんどない
賃貸物件は、繁忙期に合わせて建設しているオーナーもいます。
しかし新築物件はとても人気が高く、繁忙期を過ぎた閑散期まで残るというケースはとても稀でしょう。
そのため新築物件を狙って探している場合、閑散期に探すのは大きなデメリットとなります。
いくつもの不動産会社に足を運べば、新たな情報や希望に近い物件が見つかるかもしれませんが、手間や時間は多くなるでしょう。

◎お得感があまりない
不動産会社に限らず、春の新生活を目的にしたキャンペーンは様々な業種で行われています。
特に引っ越しで必要になる家具や家電などは、この時期のセット購入で大幅な割引になるケースもあるでしょう。
しかし閑散期に家具や家電を一式購入しようとすると、お得なセット割引などがないため、購入費用がかさんでしまいます。
その結果、お得感が得られないというデメリットに繋がります。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

繁忙期に物件探しをするメリット・デメリット

賃貸

不動産会社の閑散期には、メリットやデメリットがありました。
一方の繁忙期には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
それぞれの内容を詳しく紹介していきます。

メリット

繁忙期によるメリットは以下の通りです。

◎多くの物件を見られる
賃貸物件の繁忙期には、多くの物件が空きになりやすいです。
1年の中で、最も物件情報が出るのが繁忙期なので、以前から狙っていた地域や物件にも出会いやすいでしょう。
また短期間で希望の物件探しがしやすく、最寄り駅との距離や間取り、広さや階数など希望をいくつも叶えた物件にも出会う機会があります。
多くの選択肢の中から、希望の物件を実際に見て比べられるのも繁忙期ならではのメリットでしょう。

◎新築物件に出会えるチャンス
繁忙期は、多くの物件情報に出会えるとともに新築物件にも出会えるチャンスとなっています。
繁忙期に合わせて、アパートやマンションの建設をするオーナーも多く、今までの物件に加えて新築物件も追加されるので、築年数が少ない物件を探している方には大きなメリットとなるでしょう。

◎キャンペーンの活用でお得になる
繁忙期は、家具や家電のまとめ買いがお得になるキャンペーンが開催される時期です。
不動産業界の繁忙期に合わせて開催されるキャンペーンの活用で、お得に新生活をスタートさせることができます。
新たな賃貸物件の契約により初期費用や引っ越し費用、敷金や礼金などまとまった資金が必要です。
キャンペーンの活用は、賃貸契約にかかる負担が軽減できるでしょう。

◎不動産会社が一生懸命取り組んでくれる
繁忙期は、不動産会社もとても忙しい時期です。
しかし、それ以上にお客さんに求められた条件と合う物件が探しやすい時期でもあります。
そのため、条件に合う物件が見つかるように一生懸命取り組んで、入居者をどんどん決めていきたいという気持ちで取り組んでくれることでしょう。
探す方も借りてもらう方も一生懸命になれるという部分もメリットです。

デメリット

繁忙期に物件探しをするメリットもありましたが、デメリットも存在します。

◎早い者勝ち
繁忙期は新生活をスタートさせる時期なので、多くの物件が登場します。
しかし、出ていく人がいれば入る人も多いため、人気の物件は空きが出たらすぐに入居者が決まってしまうことが多いです。
今後生活する環境だからゆっくりと決めたいと思うかもしれませんが、新生活へのスタートは進学、就職などどれも同じなので、ゆっくりしてしまうと選べる物件が限られてしまうでしょう。

◎焦って後悔することがある
狙っていた物件に空きが出たため、内見しないですぐに入居を決めてしまうこともあるでしょう。
しかし、写真でも見たのと内見をしたのでは雰囲気が違うことはよくあります。
引っ越し当日初めて中に入ったら、イメージと違ったなんて場合もあり、焦って後悔したというデメリットもあるでしょう。
スピード感はもちつつも焦らないで、内見をしてから判断するとデメリットを感じにくいです。

◎値下げが難しい
繁忙期は、とにかく物件の空室や入居が激しい時期です。
この時期に、家賃や初期費用などの値下げ交渉を行っても応じるケースはあまりないでしょう。
閑散期であれば、オーナー側も借りてもらえないと収入が得られないため、値下げなどの交渉に応じる場合もありますが、繁忙期は値下げしなくても借り手がいるため交渉は難しいでしょう。

◎待たされる時間が長い
賃貸物件探しで不動産会社を訪れた場合、繁忙期であれば同じように物件探しで訪れている人が多くなります。
その結果、1件の不動産会社を訪れただけでも待たされる時間が長く、スムーズに不動産会社回りができないのがデメリットです。
また、手続きでスムーズにいかず待たされるケースもあり、無駄な待ち時間がほとんどという場合も多くなります。

◎引っ越し料金が高い
引っ越しが多い繁忙期は不動産会社だけでなく、引っ越し会社の繁忙期でもあります。
様々な引っ越し会社に見積もり依頼をしても高い料金が提示されやすく、さらに早めに予約をしなければ希望日に引っ越せないというデメリットもあります。
これも、繁忙期ならではのデメリットでしょう。

INA&Associates株式会社

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

繁忙期に不動産会社が心掛けていること

賃貸

繁忙期や閑散期に生じるデメリットをメリットにするため、賃貸を取り扱う不動産会社はどのようなことを心掛けているのでしょうか。
いくつかピックアップして紹介していきます。

キャンペーンを行う

空室対策として、最も多く行われているのはキャンペーンです。
キャンペーンの内容は様々ですが、賃貸契約した人がお得になるようなものであればプラスになるでしょう。
商品券などのプレゼントキャンペーンや、一定期間のフリーレントなども注目されやすい内容で好まれる傾向です。
最近ではDIY物件に注目して探す人も多いため、サイトなどで特集として紹介されることもあります。
敷金や礼金、家賃などの定期的な見直しも空室にさせないためには有効です。

清掃をより丁寧に

繁忙期には、入居希望者が内見に来る機会が一気に増えます。
そのため清掃はより丁寧に行い、清潔な空間を保つことがよい印象にも繋がります。
忙しさからどうしても清掃まで行き届かないという場合は、繁忙期前にプロの清掃業者への依頼を行い、しっかりきれいにしてもらうように心掛けています。

入居希望者への伝え方を考える

賃貸を取り扱う不動産会社は、繁忙期を乗り切るために入居者にも配慮した伝え方をする必要があります。
繁忙期は、閑散期以上に空室が増えます。
この空室は、繁忙期後までどれくらい残るか分かりません。
少しでも空室にしないために、入居希望者には部屋の様子や間取りなど分かりにくい部分も伝えられるように考えています。
広角レンズなどを用いると、部屋が360度見渡せるので物件の印象も変わります。

INA&Associates株式会社

情報発信の新スタンダード。
ネット上に情報があふれかえっている時代の中で、自分たちだけの情報発信メディアを一緒に作りませんか♪
お部屋探しメディア「タウンマップ」を運営しているINA&Associates Inc.が、情報発信メディア構築を全力でバックアップします。

繁忙期に理想の部屋を見つけるためのポイント

引っ越し

繁忙期には多くの人が新居を探しますが、多くの賃貸物件の中から理想の部屋を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

ネットの情報だけで決めないようにする

最初から賃貸物件を取り扱う不動産会社に出向くことができればいいのですが、その前にネットで大まかに部屋を決めておくという方が多いでしょう。
しかし、繁忙期はネットの情報だけで部屋を決めてしまわないようにしましょう。
繁忙期は不動産会社へ物件探しに訪れる方が多く、ネットの情報更新と実際の物件情報に差が生じる可能性が高いです。
また、ネットへの掲載が間に合わない空室もあるので、ネットの情報だけで決めないようにしましょう。

いくつかの不動産会社を巡る

ネットで空室探しをしながらも、いくつかの不動産会社へ実際に足を運んでみると理想の部屋も見つかりやすいでしょう。
不動産会社によっては特定の地域に多くの物件を持っていたり、非公開にしている物件があったりするため、不動産会社に行くことで何かしらの新しい情報が手に入ります。
オーナーから直接仲介を依頼されている場合もあるので、希望するエリア内の不動産会社には足を運ぶのがおすすめです。

求めている条件の優先順位を決める

理想の部屋を見つけるためには、何よりも求めている条件を明確にして優先順位を付けることがポイントです。
理想はいくつあってもいいのですが、その中でも絶対に譲れない条件だけを決めて順位に沿ってクリアかどうかを決めます。
条件に沿っていけば、内見した部屋がどうかすぐ決められるので理想の部屋も見つかりやすいでしょう。

誠実な対応を心掛ける

繁忙期に理想の部屋を見つけるには、不動産会社との関係も重要なポイントです。
繁忙期は不動産会社も忙しく、多くのお客さんの対応をしなければなりません。
ここで不動産会社は、相手の人間性についても判断しているのです。
もし、同じ部屋を借りたいと希望する方が同時に来たとします。
しかし、同じ部屋を2人に貸すことはできないので、家賃を滞納しないでトラブルを起こさない方を選びたいと考えるでしょう。
不動産会社での対応は賃貸契約にも関わってくるので、横柄な態度にならずに真摯な姿勢を心掛けましょう。

まとめ

賃貸物件を探すには、繁忙期と閑散期によって選び方やお得な部分があることが分かりました。
それぞれにメリットやデメリットがありますが、理想の部屋を見つけるには譲れないポイントに順位を付けて、実際に物件を見て確認することが重要です。
また、不動産会社側も快く貸したいと思う人物であるか判断しています。
お互いに気持ちよく賃貸契約を結ぶためにも、この記事を参考にして物件選びをしてみましょう。

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.

INA&Associates Inc.は、不動産、IT、投資などにおける専門性と技術を活かし、「不動産」×「IT」を実現するために発生する、複雑な事柄に真摯に向き合い、”不動産をもっと分かりやすく。住まいを探されている方にとってもっと使いやすく。取引をもっとスムーズに。” 不動産×ITで独自の価値をお客様に提供することを目指しています。

関連記事

最近の記事

  1. 事故物件には住みたくない!!事故物件の探し方や見分け方とは?

  2. 不動産屋の提案を断りたい…メールやその他の断り方とは?

  3. スタートアップ企業のオフィスを選ぶ時のポイントは?費用相場などもご紹介!

  4. 移住者も増えている!?別荘地として人気の軽井沢の歴史や魅力をご紹介!

  5. 国内の住宅業界にも大きな影響を与えるウッドショックとは?

  6. 不動産を購入するなら知っておきたい指値とは?

  7. 資産形成は若年層から始めるべき!その理由についてご紹介!

  8. 不動産会社の休みは決まっている?足を運ぶならいつがいい?

  9. 【就活生必見!】不動産会社の収入を徹底解説!仕事内容も合わせてご紹介!

  10. 不動産業界でCRMを導入すべき?そのメリットやおすすめのツールなどをご紹介!

TOP